チューリップの球根の保存は冷蔵庫が最適?保存期間について知りたい!

ガーデニング

チューリップの球根はいつ、どのように堀り上げて、どのように処理をして、どれぐらいの期間、保存したらよいのでしょうか?

また、冷蔵庫で保存した方が最適だ!という説もあります。

はたして、本当でしょうか?今回は、そんなチューリップの球根の堀り上げ時期や方法・球根の処理・保存期間などについて、ご紹介します。

チューリップの球根におすすめ!すぐに試せる保存方法はコレ!

チューリップの球根の保存は、乾燥させた状態で保存します。

掘り上げた球根を水洗いした後に、新聞紙の上で乾燥させてスーパーで買った、玉ねぎやミカンが入っていた、ネットに入れて日陰で風通しの良い場所に、保存しておきます。

 

一方でチューリップの球根には、春化処理(しゅんかしょり)という保存方法があります。

春化処理で保存すると生育が早くなり、通常より1カ月くらい早く開花し、開花期間も長くなります。

春化処理の方法は、いたって簡単で、2~3カ月間、冷蔵庫に入れて保管しておくだけです。

チューリップの球根はどのくらいもつのか?保存期間について知りたい!

チューリップは、秋に球根を購入して、植え付けします。

「紅葉の見ごろ」が植え付け時期の目安となります。

冬の寒さを経験することにより、球根の栄養を使って花芽が形成され

葉を出し、花を咲かせます。

花が咲き終わったチユーリップの球根は、花に栄養を取られて弱って

きますので、花が散って葉が枯れたら球根を掘り上げます。

球根を掘り出して、再び植え付けるまでが球根の保存期間となります。

秋になったら、保存していた球根を植え付けします。

チューリップの球根の平均寿命は、1~2年ですから、同じ球根を保存

して、使える期間は1~2年という事になります。

チューリップの球根を保存する時に皮は剥いだほうがいいって本当?

掘り上げたチューリップの球根は、水できれいに洗い流します。

土を洗い流すと茶色い皮が付いていますが、この皮は球根の保護

のためあるので、取らないようにします。

洗っている際に、はがれそうな皮や腐った皮は取り除き、新聞紙の

上で乾燥させます。

保存のときは、皮をむかないで、保存しますが、植え付けの時は

この茶色い皮をはいで植え付けします。

球根のとがったほうが上で、平らな方が下になりますが、下が発根部

になりますので、ここの皮を、むかないと根の発育に影響しますので

必ずむいてください。

まとめ

花を堪能した後、来年もきれいな花を咲かせるには、球根に栄養を

補給できるように、下準備が必要となります。

まずは、花が枯れ始める前に、花の下で茎を手で折り、葉と茎の状態

にして、花に行く栄養を球根に残します。

この状態で、球根を掘り上げるまでの期間、水やりと1週間に1回

ほど液体肥料を与えて、球根に栄養を補給します。

あとは、時期が来たら、球根を掘り上げて、保存しておきます。

きれいな花が咲いて、感動している間もなく、来年の事を考えて

行動するんですね!!