夏の結婚式!子供を連れていくときの服装やその他注意点などは? 

冠婚葬祭

暑い夏の結婚式に子供連れで招待された!

自分の服装はともかく、

子供の服装はどうしようかと悩みますよね?

 

でも、子供の服装には大人ほどの
タブーやNGがないことをご存知でしょうか?

 

とはいうものの、NGの服装はあります。

 

 

服装が気になってくたくたに疲れてしまった
という話を聞いたことがありますが、

このようなことがないように、よく調べたうえで恥ずかしくない服装をさせたいですよね。

結婚式に子供を連れていこう!タイツは黒がいいの?白ではだめ?

結婚式に子供を連れていくとき、これは女の子の場合ですが、

タイツは黒がいいのか?白ではだめなのか?

と悩みますよね?

 

実はタイツの色は、

黒でも白でもどちらでもよいのです!

 

結婚式で白い色(ソックスですが)をはいてはいけないのは、大人の男性だけです。
ここは混同しないでくださいね。

 

結婚式で子供が柄入りのタイツをはいているのを見たことがありますが、
とてもかわいらしくて、ほほえましかったことを覚えています。

 

暑い季節ですから、柄のレースタイツもおすすめです。

結婚式での子供の服装!靴下の色はどうする?その他の注意点は?

次に結婚式での

子供の服装についてご説明します。

 

まず女の子の服装についてです。

 

女の子の服装は、スーツまたは派手すぎないワンピースが基本です。

 

ただし大人と同じで、白い服装はNGです。

 

なぜ派手すぎるワンピースはだめなのでしょうか?

これは、派手な服装は親族の子供のみと考えられているからです。

新郎新婦から「派手な服装で」などとお願いされた親族の子供以外は、シンプルな服装が無難です。

 

また、幼稚園や小学校の制服がある場合は、それが正装になりますのでおすすめです。

 

靴は黒の革靴が基本です。

 

次に結婚式での男の子の服装です。

 

スーツ、またはブレザーにズボンが基本です。

 

ただ暑い季節ですので、えり付きであれば
半袖シャツにハーフパンツでも大丈夫です。

ベストや 蝶ネクタイを合わせればフォーマル度が上がりますよ。

 

靴下は柄や色が大切です。
靴下だけが派手すぎて服装と合っていないとおかしいですからね。

派手な柄でないシンプルなものを選びましょう。
色は黒、紺や白などの派手でない色にしましょう。夏ですから、短い靴下で大丈夫ですよ。

 

注意点としては、靴は黒か茶色の革靴にしてくださいね。

 

またその他の注意点として、
デニムやTシャツはカジュアルすぎますので、
黒いものでもNGです。

子供を結婚式に連れていくときの注意点!サンダルはNG?

ところで夏にサンダルをはかせるのはNGでしょうか?

 

結論はNGです!

 

大人と同じで、サンダルやミュールは好ましくありません。

つま先をおおった靴にしてあげてくださいね。

 

 

最後に子供を結婚式に連れていくときの注意点を紹介します。

 

子供を連れていくためには、周りの人への心配りが必要です。

 

会場では、隣の席の人や同じテーブルの人に子供がいることを話しておきましょう。

子供を結婚式に連れてくることは好ましく思わない人もいるかもしれませんからね。

子供から目を離さず、騒ぎ始めたら、すぐに会場から出ましょう。

まとめ

服装の色についてですが、白以外にクリーム色にも気を付けた方がよいと思います。

 

結婚式で明るめのクリームの色のワンピースを見たことがありますが、照明によって白に見えてしまい、びっくりしたことがあります!

 

子供用のフォーマルな洋服は着る機会が少ないかもしれませんね。

 

そのような場合には、レンタルを利用するのもおすすめですよ。