【ズボラでもOK】もう悩まない!出していない相手からの年賀状の返信方法とは?

トリビア

思いがけない人から

年賀状が届いたけど、

自分からは年賀状を出していないし、

手元にも年賀はがきはない。。

どうしよう。。

毎年悩むこの問題。

この記事を読んでいる皆さんの中にも

「メールは失礼に当たらないのか?」

「今から送っても間に合うのか?」

と悩んでいる方がいるかも知れません。

今回は、出していない相手から届いた

年賀状への返信について徹底調査してみました!

年賀状の返信はいつまで?マナーは?

キホン的に年賀状をはがきで送ってきた相手に

メールで返信するのは失礼とされています。

1月7日までに相手に届くようにはがきで返信

するのが正解です。

コンビニに行けば、完成品の年賀状が

売られているので、

「年賀状を頂きありがとうございます。」

「年賀状の送付が遅れまして失礼しました。」

など何か一言手書きで書いて投函しておけば

良いでしょう。

年賀状を送れるのは「松の内」と言われる

元旦~1月7日までです。

1月7日までにはがきが届かない場合

取り敢えずメール・LINEでまずは返礼をし

後で「寒中見舞い」をはがきで送ります。

1月7日以降に届くように投函すれば

OKです。

「うわっ!面倒くさっ!」と思った方も

以下にそのまま使える例文があるので

悩まなくても大丈夫ですよ。

【文例】年賀状をとりあえずメール・LINEで返信する

そこでまずメールやLINEで返礼を送る場合の

例文を紹介します。このままコピペで

お使いください。

件名: 謹賀新年/新年のご挨拶 氏名
(姓名) 様

明けましておめでとうございます。

旧年中は、いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。

今年も昨年同様のご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

(元号) OO年元旦

OO OO(姓名)
〒000-0000
ОΟ県ΟΟ市Ο丁目Ο番
TEL 00-000-0000
携帯 000-0000-0000
mail ****@****.***

ご覧のようにベーシックでシンプルな内容です。

文面にこだわりたい気持ちは分かりますが、

そこはぐっとこらえてコピペで

返礼してください。

大事なのは日を空けずに即レスすることです。

くれぐれも文面にこだわって時間を無駄にしたり、

返信せずに放置しておくのはやめましょう。

メール・LINEを送信した後は、落ち着いて

寒中見舞いを1月7日以降に相手に届くように

ポストに投函すればOKです。

これで失礼に当たることは全くありません。

寒中見舞いの文例は次の項目で紹介します。

コピペでOKです。

【文例】メール・LINEで返信後に寒中見舞いをはがきで送る

寒中見舞いの例文はこちらです。こちらも

コピペでどうぞ。

【例文1】年賀状の返礼が遅れた時の寒中見舞い

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。

ご挨拶が遅れ申し訳ございません。

皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子、心からお喜び申し上げます。

私どもも無事越年いたしました。

今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

【例文2】年賀状の返礼が遅れた時の寒中見舞い

寒中お見舞い申し上げます

新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました。誠に申し訳ございません。

厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。

今年も宜しくお願い申し上げます。

まとめ

いかがでしたか?

個人的にはメール・LINEで年賀状を

出すので全然いいと思います。

こういうのは気持ちの問題なので、

やり方云々よりも「やるかやらないか」だけ

なんじゃないかと。

まあ、筆者の場合友達が少ないので

毎年来るのは美容院や車検をした整備工場から

送られて来るセールス系の年賀状が大半

なので…参考にならないかもしれません。

ただ、年賀状を送ってくれた相手は少なくとも

私の事を頭の片隅に覚えておいてくれた

大切にしていい存在なのかもしれません。

(※セールスを除く)

世の中のツールは変われど相手の気持ちを

大事に扱う心は時代が変わっても

失いたくありません。

心に余裕をもった大人でありたいですね。

せっかく頂いた年賀状ですから、何らかの形で

忘れずに返礼はしていきたいものです。