花火大会でまさかの雨?!でも浴衣が着たい!雨対策について知りたい!

年中行事

夏になると花火大会を心待ちにしている方も多いと思います。

 

そして花火大会に合わせて着たいのが、
浴衣ですよね!

 

普段あまり着る機会がない浴衣ですが、
花火大会に合う服装は浴衣であると言っても過言ではないと思います。

 

しかし、せっかく浴衣を着る予定があるのに、

花火大会の天気が雨だったら…

そんな時に困らないためにも

浴衣での雨対策について、
ここではしっかりと解説をしたい思います!

◯◯があれば花火大会で雨が降っても大丈夫!おすすめの対策とは?

花火大会で雨が心配の場合、
対策としては傘よりはレインコートを持っていくことをオススメします。

 

花火大会は多くの人でごった返すために、
傘だとぶつかる可能性が高く、トラブルや怪我の原因になりやすいです。

 

また浴衣の場合は布面積が広いため、
濡れると体の体温が奪われ風邪をひきやすくなります。

 

レインコートであれば、
人にぶつかる可能性はないですし、
何より移動がしやすいです。

 

ただでさえ慣れない浴衣を着て、
傘をさして移動することは大変ですからね。

 

また透明なレインコートを着れば、
浴衣の柄も見えますし、浴衣も濡れにくいので、晴れの日ほどではないですが、
浴衣を着ている雰囲気を味わうことができます。

せっかくの浴衣が雨でずぶ濡れに!色落ちしたらどうすればいい?

せっかく準備した浴衣が雨や汗で濡れて
色落ちをしてしまうこともあります。

 

色落ちは色の濃い浴衣で起きやすく、
帯などに色が移ってしまうことも…

 

そんな時はいったいどうすればいいのでしょうか?

 

結論としては専門家にクリーニングをお願いするのが確実です。

 

お近くのクリーニング店で浴衣を対応してくれることもあります。

色落ちがひどい場合、色落ち対応の国家資格「染色補正技能士」がいる、専門店にお願いするのも良いでしょう。

 

雨や汗で濡れた着物を放置しておくと、シミや色落ちがひどくて次に着れなくなってしまうこともありえます。

 

着る機会が少ない浴衣だからこそ、
まめにクリーニングに出すなどして大切に保管をしましょう。

浴衣で行きたいおすすめの祭りは?雨でも屋内で楽しめるイベント3選

せっかく浴衣を準備したのに、
雨でお祭りが中止になってしまったら悲しいですよね。

 

そんなことがないように、夏には浴衣でお祭り気分が楽しめ、雨でも大丈夫な屋内イベントが多くあります。

 

そんなイベントで
オススメ3選をご紹介します。

 

①花火アクアリウム BY NAKID

開催場所:マクセル アクアパーク品川

プロジェクションマッピングを利用した屋内型の花火大会です。

 

②東京金魚ワンダーランド2019

開催場所:すみだ水族館

かわいい金魚が多く展示されたレトロ空間を楽しめます。

 

③東京湾納涼船

開催場所:竹芝客船ターミナル

荒天の場合は中止ですが雨でも納涼船を楽しめる場合があります。

こちらは東京湾をクルージングしながら、夜景と食事が楽しめます。

まとめ

浴衣での雨対策について、
理解することはできたでしょうか?

 

浴衣は大切な夏の思い出になりやすいです。

 

ぜひ、この記事で学んだことを生かして
浴衣と共に、楽しい夏の思い出をたくさん作ってくださいね!