夏にピアスを開けるのは NG?膿みやすいって本当?開けるポイントとは?

ファッション

夏が近づいて髪を
まとめることが増えてきます。

そんな時は
可愛らしいピアスが
とても素敵に見えますね。

この夏、ピアスを開けようか考え
はじめた方ピアスを開ける時に気を
付けなければいけないことを説明します。

また、夏にピアスを開けると
膿んでしまうからやめた方が良いと
聞いたことがある人も多いと思います。

正しくはどうなんでしょうか?
調べてみましょう。

ピアスを開けるのに年齢は関係あるの?みんなのピアス事情とは!?

ピアスを開けるのに
年齢は関係ありません。

海外では赤ちゃんの
うちにピアスを開ける
ことが普通だったりします。

日本では子供の時に
ピアス開けるのは少ないですね。

小、中、高校で
ピアス禁止という校則の学校が
多いので高校卒業のタイミングで
ピアスを開けるのをよく聞きます。

日本では約3割の人が
ピアスの穴を開けています。

ピアスを開けてホールになるまでは?ピアスホール完成と時間を知りたい!

個人差がありますが
ピアスホールの完成には
稀ですが早い人で1ヶ月多くは
約3ヶ月かかると言われています。

どのように完成
していくか説明しましょう。

ピアスホールの完成とはどの状態?

ピアスホールの完成
というのはピアスをするための
穴がしっかりと固定されてピアスを
入れてもトラブルが起きにくくなる状態です。

完成して初めて
ファーストピアスを外すことができます

【第一段階】 2週間~1ヶ月

ピアスの穴を開けた
ばかりの時は傷です。

第一段階はピアスと肉の
間に薄い皮膚ができる状態です。

【第二段階】 1ヶ月~2ヶ月

表面が薄い皮膚から
しっかりとした皮膚へ変わる状態です。

ピアスホール完成の目安

  1. ピアス動かしても痛みを感じない
  2. 出血や体液が出ることがない
  3. ピアスとピアスホールの間に隙間ができている
    (ピアスを外したときに穴の周りが窪んでいる)

ファーストピアスから
セカンドピアスに移行してOKです。

期間が長いので早く
ピアスホールが完成してほしい
とは思いますが少しでも完成か
迷う場合は焦らずにじっくりと
時間をかけるのが大切です。

夏にピアスを開けると膿むのは本当!?膿まない開け方のコツとポイント!

ピアスを開ける季節
について見てみましょう。

「夏にピアス開けると膿む」
という話はよく聞きます。

ただ専門的なところから
見ると季節は関係ないそうです。

汗をかいて蒸れてしまう
ようなイメージもありますが
ケアをすれば膿んだりしません。

ピアスホールができるまでは
「傷口」なので、雑菌が入らない
ように気をつけなければいけません。

お風呂は浴槽に入ることだけ
ではなく必ずシャワーで流しましょう

またパーマや
カラーリングは完成まで避けてください。

夏に海やプールに行く予定がある人は
逆算して夏前に完成するように開けるか
夏が終わってから開けるようにしましょう。

どの季節でも
雑菌が入らないように
清潔にケアしましょう。

まとめ

夏だから膿んでしまうと
いうわけではないようですね。

私の友達は
冬に開けてしもやけ
なってしまったようです。

どの季節でも
完成まではきちんとケア
しなければいけないようです。

私は金属アレルギーが
出てしまったのでピアスホール
完成までいきませんでした、残念!

痛みや膿が出た時は
早めにお医者さんに診てもらいましょう。

完成する前に
待ちきれなくて
つけたいピアスを
買い込んでしまいそうですね。