鯖の水煮の汁の活用方法を調べてみた!おすすめレシピも掲載!

トリビア

鯖の水煮缶。

健康番組で栄養価の高さを
取り上げられてから大人気に
なって品薄になった時期もありました。

缶詰というのも、手軽で
ストックができるので重宝します。

缶詰は煮汁に栄養分と
旨味があるから捨てちゃいけないと
聞きますが、使い方がイマイチわからない

今回は鯖の水煮缶の汁に
注目して調べてみたいと思います。

鯖の水煮の汁は味噌汁にすると美味しい!出汁がいらない簡単レシピ!

鯖の水煮缶で味噌汁を
作ると簡単で美味しいと話題になりました。

いままでなぜ
その組み合わせに
気付けなかったんだろうと
悔やむほど簡単で美味しいんです。

鯖水煮缶の味噌汁 作り方

  1. 水と鯖水煮缶を汁ごと全部鍋に入れる
  2.  お好みの野菜を加えて煮込む
  3. 味噌で味を整える

このようにとても簡単です。

缶詰の鯖からだしは
たっぷり出ているので
他にだしを加えることはありません。

また、水煮缶には少々塩分があります。
味噌は味見をしながら加減してみましょう。

普段の味噌汁よりも鯖が
たっぷり入っているのでおかず感が出ます。
簡単なのに豪華になるのがうれしいですね。

この鯖の水煮缶を使った味噌汁は
長野県ではよく作られていたようで
たけのこを入れるのもとても合うそうです。

捨てるのはもったいない?!鯖缶の残り汁に栄養はあるの?

結論から言いますと
鯖缶の汁は栄養満点
なので絶対捨ててはいけません

鯖の栄養分として

  • DHA
  • タンパク質
  • カルシウム
  • ビタミン

がとても豊富です。
ただ、その栄養成分は
水に溶ける性質があります。
鯖から流れ出た栄養分は汁の
中にたっぷりあることになります。

缶詰を作る工程はご存知ですか?

缶詰は缶の中に生の鯖を入れて
調味液を入れて缶を閉じます。

その缶を

  • 加熱
  • 調理
  • 加熱
  • 殺菌

をして水煮缶が出来上がります。

蓋を密閉した小さな鍋が
そのまま店頭に並んでいる感じです。

と、いうことは
鯖の栄養が逃げることなく缶の
中に詰まっているというわけですね。

家庭で作る鯖料理よりも
栄養が逃げていないことになります。

鯖缶の汁は塩分が多いって本当?食べすぎは体に良くない?

鯖缶の汁の塩分を見てみましょう。

水煮を作る段階で塩は使いますが

  • 鯖の塩焼き
  • 鯖の味噌煮
  • 鯖缶の醤油煮や味噌煮

に比べて塩分はとても控えめです。

鯖の水煮缶は
0.2~0.7%くらいの塩分量です。

魚の煮付けなどは2%前後
なので安心して食べられるでしょう。

まとめ

鯖の水煮缶が話題になって
品薄になるのもわかります。

栄養価はとても高いし
塩分も少なめ。これは
出番を増やすべきですね。

まだ作ったことが
ない方は、鯖水煮缶を使った
味噌汁を作ってみてください。

とっても美味しく満足できるはずです。