夏にシャワーは1日何回まで?入りすぎると体によくないの?

子育て

暑い夏がやってきました。

大人でも汗だくになる中
赤ちゃんは代謝もいいので
何度も着替えが必要になってきます。

汗は放っておくと汗疹などの
皮膚トラブルに繋がるので清潔にして
気持ちよく過ごしてもらいたいですよね。

汗をかいたらシャワーを浴びて
すっきりしたいところですが回数や
気をつける事はないのでしょうか?

今回は赤ちゃんと
夏のお風呂についてお話します。

赤ちゃんを夏にシャワーに入れる回数とは?何回が適正回数?

大人だと、夏はシャワーで済ませるという
方も多いかと思いますが赤ちゃんの場合
シャワーとお風呂は別々に考えてください。

シャワーはあくまで汗を落とすもの。
関節周りなどの汚れはシャワーでは
落としきれないので、お風呂に入って
しっかり洗ってあげることが大切です。

暑い夏でも湯船に入れることで
身体が温まり寝付きやすくなります。

ではシャワーに入れる回数は
どのくらいがいいのでしょう?

一概には何回とは言えず
赤ちゃんの状態によって
変わってきますが皮脂を落とし
すぎない3回までがいいとされています。

入りすぎると乾燥してしまい別の
肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

石鹸も1日1回で十分なので汗を
落とす目的のシャワーでは必要ありません。

夏のシャワーの適正温度とは?節約家な私はいつもこうしてます!

皮膚の薄い赤ちゃんには
大人が少しぬるいなと感じる
くらいの温度がいいとされています。

夏場だと38℃くらいがベストでしょう。

ただ、シャワーの回数が増える度
水道代や光熱費が心配ですよね。
家族が増える分ある程度は仕方ない
ですが、できるだけ節約したいもの。

節約用のシャワーヘッドに付け替える
ことも有効ですが無い場合は、沐浴に
使っていたベビーバスなどを使い
流れっぱなしのお湯を貯めれば必要最低
限の量で済ますことができます。残り湯
を洗濯や水やりに使ってもいいですね。

夏のシャワーはハッカ油で涼しく!メリットとデメリットを説明

ハッカ油
ドラッグストアなどでも気軽に買え
虫よけや消臭・殺菌に使うことができます。

また清涼感があるので
夏場でもお風呂に入れることで
お湯の温度は変わっていないのに
体感温度が下がるので身体は温まりつつ
スッキリとしリラックス効果も期待できます。

虫よけが使えない
6か月未満の赤ちゃんにも
使える安全性が高いハッカ油ですが
皮膚や粘膜への刺激に弱い赤ちゃんに
原液が直接かかったり、匂いを嗅いだり
することのないよう注意してください。

使用する場合は
桶などにいれたお湯に
1滴たらして薄めたものを確認してから
シャワーの最後に体にかけてあげましょう。

おわりに

汗をかいたからといって
毎回シャワーに入れるのも
大変だというときは固く絞った
タオルで拭いてあげるといいでしょう。

乾いたタオルで拭くと皮膚の表面に
水分が無くなり気化熱で体温を下げ
られず熱中症になることがあります。

以上を参考に
爽やかに夏を乗り切ってくださいね。