相撲で懸賞金を受け取るときに見る、“手刀を切る” の意味とは?

スポーツ

懸賞の付いた人気の取り組みで
勝利すると勝利力士には行司が
勝ち名乗りを告げ軍配に祝儀袋に入った
懸賞金を乗せて、勝利力士に渡します。

その時、勝利力士が右手
で手刀を切りますがこれは
何か意味があるのでしょうか?

我々が人の前をとうる時に
手刀を切りながら「チヨット」
失礼みたいな感じで通りますが
この程度の意味なんでしょうか?

今回は、こんな相撲の
手刀についてご紹介いたします。

相撲で懸賞金を受け取るとき、手刀で“心”と書いている?!

相撲で懸賞金が付いた
勝負に勝利して力士が行司の
軍配の上に乗せられた懸賞金を受け取る
時に懸賞金の上で手刀を切る動作をします

なんとなく「心」という
字を書いている様に見えますが
はたして、本当でしょうか??

実は違うんです。

手刀を切る動作は
五穀の守り神、三神さまへの
感謝を表す意味があるのです。

三神さまは

  • 左に神産巣日神
    (かみむすびのかみ)
  • 右に高御産巣日神
    (たかむすびのかみ)
  • 中央に天御中主神
    (あまのみなかぬしのかみ)

の神様です。

五穀の守り神三神さまに感謝して
右手で左→右→中央と手刀を切るのです。

相撲の懸賞金の受け取り方はみんな一緒?そのルールとは?!

相撲で懸賞金がかかった取り組みで
勝った力士は、行司から勝ち名乗り
を受けてから、軍配の上に乗った祝儀袋
に入った懸賞金を受け取るわけですがその
受け取り方には、決まった作法があります

昭和41年7月場所から
今の作法を原則とすることが
相撲協会の規定として明文化されました。

力士は差し出された懸賞金の上で右手で
左・右・中央の順で3回手刀を切りその後に
手刀を切った右手で懸賞金を受け取ります。

これが基本のルールに
なっていますが、実際は
色々なケースがあるようです。

手刀を切る意味は?懸賞金を受け取るときはどういう動きをしている?

懸賞金を受け取る時に手刀を
切る意味は五穀の守り神である三神さま
への感謝を表す意味が、あるそうです。

三神さまとは

  • 左が神産巣日神
    (かみむすびのかみ)
  • 右が高御産巣日神
    (たかむすびのかみ)
  • 中央が天御中主神
    (あまのみなかぬしのかみ)

です。

これら三神さまへの感謝を表し右手
で左→右→中央の順で手刀を切ります。

右手で3回手刀を切る力士の他に「心」の
字を書くように4回も手刀を切る力士や受け
取る時に両手で受け取る力士もいるようです。

まとめ

手刀というと力道山の
空手チョップを思い出します。

子どもの頃に、夢中になって
手刀一閃でバタバタと敵を倒す
力道山の雄姿に心をおどらせて
テレビにかじりついてプロレス中継を見たものです。

その力道山と木村正彦の試合で
木村が負けた瞬間に力道山を倒すため
リングに駆け上がろうとして、数人の
関係者に抑えられて断念した木村の友人の
空手家が、後に極真空手の創始者となる大山倍達です。

極真空手の創始者
大山倍達の全盛時代の手刀は
一閃でビール瓶の首を吹き飛ばしたそうです。

そして、相撲の手刀
手刀はこのように我々
日本人と深い縁があるのですね!