夏に向けた雷対策!家庭ですべきことは?ブレーカーが落ちたら?

トリビア

夏になると、異常気象が多くなります。

ゲリラ豪雨や台風など
異常気象に備えて対策をしなければ
いけないこともたくさんあります。

その中でも対策が必要なのは雷によって
ブレーカーが落ちてしまった時です。

ブレーカーが落ちて
部屋が真っ暗、電化製品を故障…

そうなったら困りますよね。

ここでは、雷によって
ブレーカーが落ちた時の対策について
しっかりと解説をしていきたいと思います!

雷対策、家庭では何ができる?PCシャットダウンだけでは不十分!?

雷対策ですが
雷はものすごい電圧です。

それが落ちるとブレーカーを伝ってご家庭の
電化製品にも影響を及ぼすことがあります。

これはブレーカーを切っていても不十分です。

PCなどは
シャットダウンしていても
コンセントから電気が伝わって
壊れるなんてこともありえます。

では、家庭できる対策
としては何があるでしょうか?

家庭でできる対策として簡単なものは
電化製品のコンセントを抜いておくことです。

電化製品のコンセントを
抜いておくことによって電気は
電化製品まで伝わらないのは明らかですね。

大切なPC、データ
電化製品などを守るためにも
雷が鳴っていたら電化製品の
コンセントを抜いておくようにしましょう。

雷でブレーカーが落ちる理由とは?対処を間違えるとまた落ちる?

雷でなぜブレーカーが
落ちてしまうのでしょうか?

その理由を説明したいと思います。

雷でブレーカーが落ちるのは
だいたいが漏電ブレーカーです。

漏電ブレーカーは
漏電をした際に感電や
火災が起きないよう
にしてくれる安全装置です。

この漏電ブレーカーは電気ショックに
弱いため雷などの高電圧ショックにより
誤作動が起きやすいです。

漏電ブレーカーが
誤作動の時はそのままブレーカーを
上げれば問題なく電気は使えます。

しかし、雷のショックを理由に
実際に漏電が起きた場合ブレーカーを
上げたところでまた落ちることになります。

漏電の場合
漏電箇所以外の電気を
使用することはできます。

ですから、部屋を順番に確かめていって
漏電箇所を調べて電気工事会社に連絡する
などして対策をすることが必要になります。

インターホンが雷で壊れる?故障の原因と対策、壊れた場合の処置は

雷が落ちることによってインターホンが
壊れることってあるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

前述の通り、雷は
すさまじい電圧でありそれが
電線などを伝って家電製品を
壊すことがありますがインターホンも
家電製品の一つですからありえます。

対策は正直なかなか難しいです。

なぜなら
インターホンはコンセントから
電気を供給していることは少なく
電源から直接供給していることが
多くこちらを止めるというのは
素人には難しいからです。

しかし、もし雷によって
インターホンが壊れてしまったら
ほとんどが火災保険対応になります。

火災保険に入っている方は
保険会社に!賃貸の方は管理会社に!

連絡すれば対応してもらえるはずですよ!

まとめ

雷で大切な電化製品が
壊れてしまったら泣くに泣けないですよね。

雷が鳴っている時は
この記事を思い出してください。

そして、適切な対応をして頂き
大切な電化製品を守ってくださいね!