ミルクティーとロイヤルミルクティーは何が違う? 味やカロリーは?

トリビア

ミルクティーとは、
カップに入った熱い紅茶に、
少量の牛乳を入れたものです。

 

一方、ロイヤルミルクティーは、
熱いお湯に紅茶の茶葉を入れて
蒸らした後、牛乳を加えて、再び火で温め、
茶こしでカップに注いだものです。

 

作り方からお分かりのように、
ロイヤルミルクティーは、
紅茶と牛乳を一緒に加熱させますから、
ミルクティーに比べて
コクのある味になります。

 

今回は、あなたの大好きな
ミルクティーとロイヤルミルクティーの
味やカロリーの違いをご紹介いたします。

ミルクティーとロイヤルミルクティーの味の違いは〇〇だった!

ミルクティーとロイヤルミルクティーの
作り方で1番に大きな違いは、
紅茶の茶葉を煮出すかどうか?そして、
牛乳を入れた後も過熱するかどうかです。

 

そのため、ミルクティーより、
ロイヤルミルクティーの方がぐんと濃厚で、
深みのある味になります。

ミルクティーとロイヤルミルクティーの
味の違いは「コク」だった!訳ですね。

ロイヤルミルクティーのカロリーはミルクティーと比べて〇〇!?

ミルクティーとロイヤルミルクティーの
作り方でお分かりのように
ロイヤルミルクティーの方が、
牛乳の量が多くなります。

 

その違いがカロリーにでてきますので

 

・ミルクティーのカロリーは、
100ml あたり35~45kcal

・ロイヤルミルクティーのカロリーは、
100mlあたり55~65kcal

 

となり、ロイヤルミルクティーのカロリーの方が100mlあたり20kcalほど多くなります。

ロイヤルミルクティーとチャイは何が違う?味やカロリーを比較

チャイは、インド北部を中心に
飲まれている飲み物で、家ごとに
工夫した複数のスパイスを入れて、
紅茶と一緒に煮出し、それに砂糖と
牛乳を加えて更に煮出します。

 

チャイとロイヤルミルクティーの
大きな違いは、
チャイはロイヤルミルクティーに砂糖と
スパイスのシナモン・クルーブ・カルダモン・
生姜すりおろし、など数種類のスパイスを入ることです。

 

そのため、
チャイはロイヤルミルクティーに比べ、
味はかなり甘めでスパイスの独特の風味と
香りが特徴の飲み物です。

 

カロリーもロイヤルミルクティーに比べ高いです。比較すると

 

・ロイヤルミルクティーのカロリーは、
100mlあたり20kcal

・チャイミルクティーのカロリーは、
100mlあたり114kcal

 

のようになります。

まとめ

ミルクティー、

ロイヤルミルクティー、

チャイ、

どれも紅茶の茶葉を使って飲む飲み物ですが、

その基本となっているものは、ミルクやスパイスを入れない、シンプルな紅茶の入れ方のような気がします。

 

やかんに水を入れて火にかけ、
しっかり沸騰させたら、茶葉が入っている
ティーポットに入れて、ポットのふたをして、
じっくりと3分ぐらい蒸らしてから、
茶こしで茶殻をこしながら、カップにいれる。

 

というシンプルな紅茶の入れ方。

 

この美味しい紅茶の入れ方が基本になり、
ミルクティーやロイヤルミルクティー、
チャイがあるような気がします。

 

紅茶は、上品な香りと色合いがして、
味もとても穏やかな上品です。

私は、なにも入らないままの、
紅茶が大好きです。