お米を研いだら虫の幼虫が?食べても大丈夫?虫がつく原因は?

トリビア

お米に発生する虫は
コクゾウムシ」と「メイガ」です。

気温が 20℃以上になると、増えますよ。

お米を研ぐと水に浮かんできます。

それを、取り除くと食べても
大丈夫ですが虫を見つけたら
そのお米は食べない方がいいです。

コクゾウムシは
米粒の中を食べて成虫していきます。

そして、米粒に穴をあけて
卵を産みつけます。気持ち悪いですね。

次に「メイガ(ノシメマダラメイガ)

これは、ヌカや胚芽の
部分に卵を産む小さな蛾です。

これも、間違って食べても
体に害はないので大丈夫です。

お米を買って袋のまま置かないように。

特に夏場は、部屋の温度が
上がるので、気を付けてくださいね。

【虫が苦手な方はこの先閲覧注意してください】

米虫はどこからやってくる?虫がついたお米はどうすればいいの?

精米所の精米をする時に
米虫がやってくることもあります。

また、購入後のお米の保存状態は大切です。

買ってきた袋のままに
しておくとコクゾウムシが
発生し卵を産んで増えちゃいます。

そして、米びつに少しでもぬかなど
残っていると、メイガがやってきますよ。

この虫は蛾なので、飛び回ります

お米をとごうと袋を開けたら
メイガが飛び出して、飛び回ります。

もし、虫がついたときの
対処としては虫は「」に反応するので
お天気のよい日に明るくて涼しいところで
新聞紙を広げてお米を薄く敷きます。

しばらくすると、虫が逃げちゃいます。

虫が発生するお米には殺虫剤など
何もお米に残っていないってことです。
悪いことばかりでは無いので、我慢です。

お米に虫がつく原因と対処方法!保管方法や容器にも要注意!

気温が 20 度以上になると
お米に虫がついたり、すでに米粒の
中に卵を産んでいた虫が繁殖します。

なので、お米を保存する時いつも
15℃以下にしておくことをお勧めします。

特に夏場のキッチンは
部屋の温度が高くなるので要注意です!

冷蔵庫の野菜室
お米にとって快適な温度ですよ。

お米を適切な温度で
管理することでおいしさが長持ち
していつも新鮮なお米が食べられます。

また、スーパーやお店などで購入
する米が入っている袋には密封性がなく
1mmぐらいの空気が通る穴が開いています

保管するには適さないので
なるべく密封容器に移し替えてくださいね。

ペットボトルでも OK!

お米の虫対策に唐辛子!身近なものでできるカンタン防虫対策!

外からの虫が入って
こないようにするため
お米の上に唐辛子を5~6本
載せて置くことは、昔からの知恵ですね。

https://twitter.com/udoko_bkk/status/1034433302877237248?s=20

また、家にあるニンニク
ワサビも効果バツグンです

唐辛子は、表面が破れると
中から細かい種がでてお米と
混ざってしまうといけないのでお茶の
パックのような袋に入れると便利です。

ニンニクやワサビは
お米の上に載せてもいいですが米びつの蓋に
テープで張り付けするとすっきり収まるかな。

これらを使うとき
高温や湿気の多い場所を避け
てくださいね。保管場所に注意です!

まとめ

お米の中に「虫」
なんて見たくありませんよね。

「メイガ」虫は
お米だけにつく虫ではありません。

穀類、小麦粉、チョコレートや
クッキーまでにも、発生します
なので「家庭害虫」とも言われています。

どの食品もバチっと蓋ができる容器に
入れて虫が来ないようにしたいですね。

容器って面倒だし家庭にいつでも
あるビニール袋に入れて置けば大丈夫。。

と思いがちですが
この虫の幼虫は、ビニール袋を
破っちゃいます。危ないですね。

気を付けましょう。