ピーナッツのアレルギーの症状と原因は?アーモンドも同じ?

料理

ピーナッツが
卵や牛乳とならんで
アレルギー反応を起こしやすい
食品であることをご存知でしょうか?

ピーナッツほどでは
ありませんがアーモンドも
アレルギーを引き起こしやすい食品です。

子供に多いアレルギーですが
大人でも症状が現れることがあります

私もアーモンドが
好きなので少し気になりました。

症状が現れて食物アレルギー
ではないかと気になるときは
早めに医師の診察を受けることが大切です。

今回はピーナッツや
アーモンドのアレルギーの
症状と原因についてご説明します!

ピーナッツを食べたときのアレルギーの症状はどんなのがある?

ピーナッツは少量でも
深刻なアレルギー反応を
起こす可能性が高い食品です。

ピーナッツアレルギーの
原因物質は消化管から吸収されます。

そして、全身の臓器に運ばれて
そこでアレルギー反応を起こすため体の
どこにでも症状が現れると言われています。

ピーナッツを食べたときの具体的な
アレルギー症状をみていきましょう。

  1. 皮膚の症状
    最も多くみられる症状で
    9割近くの人にみられます。
    かゆみ、じんましん、むくみ
    赤み、しっしんなどが現れます。
  2. 粘膜の症状
    目(充血、痒み、涙、まぶたの腫れ)
    鼻(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)
    口の周り(痒み)
    口の中(違和感、腫れ、のどの痒みイガイガ感)
  3. 呼吸器の症状
    せき、声がれ、のどがしめつけられる感じ
  4. 消化器
    腹痛、吐き気

深刻な場合はのどが腫れて呼吸困難に
おちいりアナフィラキシーショック
起こすことがあります。

ピーナッツを食べたときに
このようなアレルギー症状が現れたら
すぐに医師の診察を受けましょうね。

ピーナッツでアレルギーの出る人は大豆を食べても出るの?

ピーナッツでアレルギーの出る人は
大豆を食べてもアレルギーが出るのでしょうか?

ピーナッツはマメ科の植物で
正確には「落花生」のことを言います。

大豆も同じマメ科ですが
ピーナッツとは別の種類の豆です。

ピーナッツのアレルゲン物質と
大豆のアレルゲン物質は違います。

ですから、ピーナッツで
アレルギーの出る人が大豆を食べても
アレルギーの症状が出るとは限りません。

ピーナッツの食べ過ぎで起こるアレルギーで死ぬことはある?

ピーナッツの食べ過ぎで
起こるアレルギーで死ぬことは
あるんでしょうか?気になりますね。

結論は「はい/いいえ」です。
分かりやすく説明しますね。

ピーナッツの
食べ過ぎでアレルギーが
起こるわけではありません。

ピーナッツアレルギーを
持っている人がピーナッツを
食べてアレルギーが起こるのです。

これは少量の
ピーナッツでも起こることがあります。

ピーナッツのアレルギーは
症状が重いと死ぬこともあります

複数の症状が重なる
状態(アナフィラキシー)になり
脈が速くなってぐったりし、意識がもうろう
とします。このような状態に血圧低下が伴う
場合をアナフィラキシーショックと言います。

アナフィラキシーショックは命にかかわる
ので、一刻も早く救急車を呼びましょう。

まとめ

アーモンド好きな私としては
アーモンドもアレルギーを引き起こし
やすい食品と聞いてショックを受けました。

そこでアーモンドの
アレルギーについて調べてみました。

平成20年度の厚生労働科学研究
によるとアレルギーショック症状を呈した
原因食物のうちピーナッツが6.4%を占めて
いたのに対しアーモンドは0.7%でした。

それほど気にする数字ではありませんが
食べて2時間以内に皮膚などに症状が現れたら
早めに医療機関を受診することが大切ですね