夏場のお味噌汁、どんな具で作る? 家族が飲まない時はどうする?

料理

夏の暑い日が続くとどうも味噌汁が
進まなくなると聞いたことがあります。

実は家族の中では
私が1番そうなんです。

理由はわからないけど味噌汁を
作りたくなくなってしまうんです。

家族に聞いてみると
「あってもなくても良いよ」なんて返事。

夏は味噌汁を食べたい
気持ちが薄れるようです。

夏の味噌汁について
代わりになるものはあるのか?

夏の味噌汁の作り方や栄養面
いろいろな角度で調べてみましょう。

この夏は気分を変える?味噌汁の代わりになる汁物ってあるの?

夏に味噌汁が食べるのが
苦手な私が味噌汁の代わりに
作っている汁ものを紹介します。

  1. スープ・コンソメスープ
    ・鶏ガラスープ
    ・中華スープ
    ・トマトスープ
    ・ミルクスープなど。

夏は顆粒のスープの素を
数種類置いておくと便利ですね。
野菜をたくさん入れて栄養もとれます。

  1. 和食ならお吸い物

和食に合わせるなら出汁を
きかせたお吸い物がオススメです。

魚介系の出汁の
お吸い物はもちろん。

昆布だしにして豚肉
鶏肉などを使っても
風味の違うお吸い物に
なって美味しいですよ。

  1. 同じ味噌汁でも冷製にしてみる

我が家で評判が良かった
のが野菜炒め冷製味噌汁です。

①味噌汁を作って冷ましておきます。

②普段の味噌汁の具材でも良いのですが
ニンニクや軽く塩胡椒で炒めた野菜に
冷ましておいた味噌汁をかけるんです。

③数滴ゴマ油をかけるとグッと
風味が増して美味しいんです。

夏は家族が味噌汁を飲まない!具がいけないの?それとも味?

夏はただでさえ
食欲が落ちてしまいます。

1年中食べられる定番の
味噌汁もひと工夫が必要なようです。

  • 夏野菜にこだわりすぎない

旬の夏野菜はとても美味しく
夏を乗り切る栄養分がたっぷり。

ですが、味噌汁に夏野菜を使う
ことにこだわる必要はなさそうです。

夏野菜の味噌汁のレシピを
見てみるとズッキーニやトマト
レタスなどの味噌汁が。

大人は新鮮に感じても
工夫し過ぎで馴染みが
あまりなく子供達から不評でした。

家族の好みに合わせる
方が大切かもしれません。

  • 辛味をプラスする

味噌汁に辛味をプラスしたときに
味がキリッとして食欲が増しました。

具材によって変えていますが
七味唐辛子、キムチ、ラー油などが
味噌汁に合いますので試してみて下さい。

あくまでも少量です。
豚キムチ味噌汁もオススメです。

  • 薬味でさっぱりさせる

夏の薬味でいうとみょうがや
しょうがなどを味噌汁に加えると
さっぱりして美味しくいただけます。

また、普段はねぎを入れてから
少しだけ火を通していますが
夏は青い小ねぎ(万能ねぎ)を
小口切りにして食卓でたっぷり
かけるとさわやかな味わいになります。

夏に味噌汁を飲むのは暑い?暑い時期こそ体にいい理由とは

どうしても夏はそうめんや冷し中華
など冷たい食事が美味しく感じられます。

ただ冷たいものばかり食べる
のは胃の働きを悪くしてしまいます。

味噌汁だけでも温かいものを
食べるのはとても良いんです。

もう1点。

暑い夏を乗り切るために
発酵食品がオススメなの知っていますか?

発酵食品の効果は次のようなものがあります。

  • 免疫力がアップする
  • 胃の粘膜を保護して食欲増進できる
  • 整腸作用がある
  • 体の冷えを防ぐ
    (効き過ぎの冷房から体を守る)

味噌は発酵食品で
毎日でも取れるありがたい調味料です。

暑い夏に立ち向かうからだを
作る手助けにもなって、汗をかいて
疲れたからだを回復してくれる力もあります。

他、発酵食品は

  • キムチ
  • 納豆
  • 甘酒
  • 塩麹

などがあります。

熱中症になりかけてしまった時に
スポーツドリンクがまず浮かびますが
味噌汁も非常に良いので覚えておきたいですね。

冷ました味噌汁でも発酵食品としての
力があるので夏こそ工夫して食べましょう。

まとめ

夏に味噌汁を作りたく
無くなる私ですが、そんな夏に
久しぶりに味噌汁を作った時に
とても美味しく感じたのを思い出しました。

「食べたくない」から
「作りたくない」と思いながら
からだは欲してたのかもしれません。

普段よりもちょっと工夫しながら今年の
夏は味噌汁を楽しみたいと思っています。