暑い夏でも味噌汁を作り置きしたい!数日保存する方法はある?

料理

毎日の食卓に欠かせない味噌汁。
暑い夏のキッチンに長く居るのは大変です。

味噌汁もできれば多く作って
作り置きをして楽したいですよね。

ただ、朝作った味噌汁が
夜には味が落ちたり、変な
臭いがすることもあります。

味噌汁はどのぐらいもつのか?

長持ちする保存方法など
具体的に見ていきましょう。

味噌汁の夏場の保存、常温保存は一晩でもダメ?冷蔵庫に入れるべき?

味噌汁の常温保存は基本的にNGです。

冬場であれば夏場よりは
多少は長持ちしますが夏場の
半日程度の常温でも危険です。

味噌汁は味噌という
発酵食品を使っているので
傷みやすい食べ物になります。

季節関係なく常温保存は
やめた方が良いでしょう。

作った味噌汁を常温保存をせずに
冷蔵庫で保存するのをおすすめします。

冷蔵保存した味噌汁は夏場なら
2日以内を目安に食べ切りましょう

冷蔵庫に入れる時にはちゃんと
冷ましてから入れなければいけません。

常温で冷ますと、ぬるい時間が
長く雑菌が増殖しやすくなります。

氷水を入れた大きめの容器に鍋を浸けて
冷ましたり、大きな保冷剤に布巾やタオル
を敷いて鍋を置いて早く冷まします。

味噌汁の日持ちをよくしたい!なめこの味噌汁は長持ちするの?

味噌汁を日持ちよくするための
方法をいくつか紹介しましょう。

その前になめこの味噌汁の注意点を。

なめこのようにとろみのあるものを
使った汁物は冷めにくいのが特徴です。

前章で書きましたが長持ち
させるためには早く冷ますことが大切。

この冷めにくい状態は菌が増殖
しやすい環境なので注意が必要です。

なめこは他の具材よりも日持ち
しないのを覚えておきましょう。

味噌汁の日持ちを良くする方法

  • 味噌多く入れて味を濃くすること

塩分が多い方が長持ちします。
温め直しの時に水で薄めて味を調節します。

  • 定期的に加熱する

菌を死滅させるためには75度以上1分間。

ノロウイルスには
90度で90秒以上の加熱が必要です。
約3時間の間隔で加熱しましょう。

どちらも日持ちする方法ですが
味噌汁本来の味は落ちてしまいます。

夏は味噌汁が腐るのがイヤ!いっそ味噌汁を作らない方法はない?

味噌汁を作るのをなくす
(減らす)方法があります。

時間のある時に
「味噌玉」を作ってみましょう。

味噌玉とは

手作りの即席味噌汁の素のことです。

お湯を注ぐだけで
簡単に味噌汁が作れます。

冷蔵だと1週間
冷凍はおよそ1か月保存可能です。

1食ずつまとめて作るので
お椀に入れてお湯を注ぐだけ。

簡単に味噌汁ができます。

【 基本の味噌玉の作り方・4個分 】

[材料]

  • 味噌 大さじ3
  • だし(顆粒やだしパックの中身、鰹節)適量
  • 乾燥タイプの食材 適量
  1. 味噌とだしをよく混ぜ、4等分する。
  2. ラップに味噌と乾燥食材を入れて
    空気を抜いて団子状にしてテープ等で止め保存します。
  3. 食べるときは熱湯を約150ml
    注いで混ぜて味噌汁の完成です。

味噌玉おすすめの具材

  • 乾燥わかめ
  • 乾燥ネギ
  • とろろ昆布
  • 切り干し大根
  • ごま
  • あおさのり
  • 梅肉
  • 麩      など

まとめ

夏のキッチンが本当に苦手で
料理がどんどん手抜きになる私です。

特に夏場は買ってきた
インスタント味噌汁の出番が増えます。

作るなら多く作って
保存したいので冷蔵保存を守って
傷ませること無いようにしないと。

私は今年の夏、味噌玉作り
にチャレンジするつもりです。

乾燥の具材をいろいろ
考えてみるのも楽しそう。

食べる食前にカリッと焼いた油揚げ
や炙ったねぎを入れても良さそうです。
味噌汁で健康に猛暑を乗り切りましょうね。