こだわりのお米を精米しよう!気になる精米後の賞味期限は?

料理

ご飯は、主食として毎日
食卓に並ぶことが多い食材です。

最近は、直接農家さんからネットで
お米を買うことが簡単にできますね。

なので、日本各地からいろいろ
選んでこだわりのお米を食べたいです。

もちろん、玄米(もみ殻つき)で
購入して、おうちで保存して食べる
直前に精米することをお勧めします。

白米が空気に触れると酸化が始まります

そうなると
お米の水分がなくなり
おいしくなくなりますよ。

また、お店屋さんで売っている
お米の袋には賞味期限は、表示は
されていないですが精米後のお米は
春から夏にかけては1 か月秋から冬に
かけては2 か月間おいしくいただけますよ。

なので、食べる直前に
精米するのが一番いいことですね。

最近、リーズナブルな価格で家庭用
の精米機が売っているのを見かけます。

これがあると
手軽に家で精米ができちゃいます。

毎日食べるお米!食感も栄養素も?精米の方法でこんなに変わる!

精米の主な方法としては

  • 玄米
  • 五分つき米
  • 七分つき米
  • 胚芽米
  • 白米

とあります。

いろいろな精米方法で
仕上げても主要な栄養素はどれも
変わらないですが、やはり玄米に精米すると

  • ミネラル類
  • ビタミン類
  • 食物繊維

が白米より豊富です。

そして、食感は
茶色くて粒感があるので
よく噛んで食べるといいですね。

五分つき米は、白米と玄米との
ちょうど間くらいの精米の方法です。

玄米より白っぽく風味があります。

七分つき米は白米に近いですね。

また、胚芽米は食物繊維や
ビタミンBとビタミンEが豊富です。

少し茶色っぽいですが
食べてみると甘みがあります。

毎日のライフスタイルに
合わせて精米すると楽しいですね。

好みの米を精米してみよう!誰でも簡単!コイン精米機の使い方解説!

コイン精米機を探すと
街中でも意外に見つかります。

使い方は、とても簡単です。

お休みに日に出かけて試してみませんか?

これからわかりやすく解説しますね!

家に保存している玄米(殻付き)を
持ってコイン精米所に行ってみましょう。

そこには、コインランドリー
のように大きな精米機があります。

扉を開けて入ると
料金投入口があります。

値段は 100 円(5kg)から
300-400 円(30kg)です。

お手軽な価格ですね。
無洗米は 100 円アップします

次に投入口に持ってきた
玄米を入れて精米の方法を
選んで、ボタンを押します。

精米スタート!

時間は、数分なので
そんなにかかりません。

そして、白米出口に袋を
用意してすべて出てくれば完了です。

コイン精米機なので
コインしか使えないですよ。
準備して持っていきましょう。

お米を精米したら必ず袋から密封容器へ!そのままだとこんなに危険!

精米したお米を袋のままで
乾燥した部屋に保存していると
お米の表面にひびが入り「ひび割れ米」になってしまいます。

水分が失われるので
味も落ちてしまいます。

必ず密封容器に移し替えてくださいね。

たとえば、プラスティックの容器や
チャック付きのビニールパックでも OK!

何もない場合は
ペットボトルで代用できます。

ボトルのキャップを
しっかり閉めてくださいね。
そして、涼しい場所へ保管です。
夏場は冷蔵庫の野菜室がいいですよ。
美味しさも長持ちします。

また、部屋の温度が18℃以上で
湿度の高い場所に袋で保管していると
お米の中に米食い虫..コクゾウムシの
発生やカビの生える原因になってしまいます。

とても危険で、気持ちの良くないことですね。

まとめ

お米はとてもデリケートな食材です。
保管場所にも気を使ってくださいね。

直射日光を嫌いますので
日光の当たらない暗い場所の
涼しいところに置いてください。

そして、お米は
臭いを吸収するので臭いの
キツイものと一緒に保存しないて下さいね。

また、お米は古くなると
独特のにおい「古米臭」を出します。

お米は、いつも呼吸をしていますが
呼吸数が増えると古米に近ずいていきます

生きているのですね。
大切に、ていねいに取り扱いたいです。