コーヒーフレッシュの賞味期限を知らないとめちゃヤバイってホント?!

料理

コーヒーが大好きな人ってたくさんいますよね。

 

コーヒー好きの方でもその飲み方は人それぞれです。

 

ブラックで飲む方、
ミルクを入れる方、
コーヒーフレッシュを入れる方…

 

特にコーヒーフレッシュは、
コーヒーに手軽に甘さを追加できるので、
よく使う方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、このコーヒーフレッシュの賞味期限、知っていますか?

 

コーヒーフレッシュの賞味期限が切れたものは危険ってご存知ですか?

 

ここでは、コーヒーフレッシュの賞味期限について詳しく解説をしていきたいと思います!

コーヒーフレッシュの賞味期限はどれくらい?知らないと◯◯になる!

では、コーヒーフレッシュの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

 

保存状態にもよりますが、だいたい3ヶ月ほどになります。

 

それ以上すぎるとコーヒーフレッシュの油やタンパク質が古くなります。

 

古くなったコーヒーフレッシュは油が分離してしまい、コーヒーにそそぐと、コーヒーの表面で油面を形成し、テカテカします。

 

また、コーヒーフレッシュ内のタンパク質は古くなると固まってしまい、コーヒーに入れた時、白い羽毛模様に固まります。

 

これらの現象や賞味期限がどれくらいかを知らないと、傷んだコーヒーフレッシュを飲むはめになり、お腹を下す可能性があります。

コーヒーフレッシュの賞味期限切れ!半年経ったらどれくらいヤバイ?

前述で、コーヒーフレッシュの賞味期限は約3ヶ月ほどと書きました。

 

では、コーヒーフレッシュが賞味期限切れになって、半年が経ったらどうなのでしょうか?

 

結論から言えば、賞味期限切れから半年が過ぎたら、ほぼ傷んでいると考えてよいでしょう。

 

もちろん保存環境によっては半年過ぎても全く問題ないこともありえます。

 

しかし、やはりコーヒーフレッシュの成分が傷んでいる可能性が高いですから、使用する場合は自己責任かつ、先ほどの確認方法で確認をしたうえで使うようにしてください。

コーヒーフレッシュが賞味期限切れに!使いみちについて知りたい!

コーヒーフレッシュが賞味期限切れになってもすぐに痛むわけではありません。

 

ですので、コーヒーフレッシュを飲めるか確認したうえで、大丈夫なら飲んでも大丈夫です。

 

それでも消費しきれないほど、大量に賞味期限切れになってしまったら…

 

その場合の使いみちとして、

コーヒーフレッシュはクリーム系のスープやカレーなどの隠し味に使用することができます。

生クリームを隠し味に入れる感じですね。

卵焼きに使用すると冷めてもふわふわの食感になります。

 

このように、他の料理への代用品としての使いみちを覚えておくことで、なんとか早めに消費するようにしましょう。

まとめ

コーヒーフレッシュの賞味期限について理解はできたでしょうか?

 

コーヒーフレッシュは意外にも多くの添加物が入っています。

ですので、賞味期限は比較的に長いですが、その分古くなると、体にも悪影響を及ぼしやすいです。

 

コーヒーフレッシュをよく使う方も、この記事で学んだことを生かして、上手にコーヒーフレッシュを活用してくださいね!