すき家の牛丼のご飯の量ってどのくらい?コスパが良いのは何盛り?

トリビア

私も昼ご飯や夜食などで
利用するすき家の牛丼。

いつも何気に大盛りを頼んでいますが
ご飯の量やコスパはどうなんでしょうか?

いろんなサイズでの提供がありますが
どれが1番オトクなんでしょうか?

そんな、すき家の牛丼に
まつわる情報をまとめてみました。

すき家の牛丼のご飯の量ってどのくらい?肉とご飯のグラム数を比較!

まず、すき家の牛丼のご飯やお肉の
グラム数は公式では公表されていません。

そして、毎年のように
変更されているようです。

ですので
だいたいの目安と思ってください。

すき家の牛丼各サイズのご飯とお肉の目安量

  • 並盛ご飯約260グラム
    お肉約85グラム
  • 中盛ご飯約235グラム
    お肉約135グラム
  • 大盛ご飯約360グラム
    お肉約120グラム
  • 特盛ご飯約360グラム
    お肉約170グラム
  • メガ盛ご飯約360グラム
    お肉約255グラム

 

すき家の牛丼のご飯なしはメリットだらけ!?牛皿のコスパは最強だった!

すき家の人気メニューに牛皿があります。

どんなメニューかというと、牛丼のご飯なし。

牛丼のお肉と出汁のみのメニューになります。

メリットとして

  • ご飯なしなので、ご飯の分だけ安い。同じお肉の量の牛丼と比べると
    60円~140円オトクです。
  • 自分の好みの配分で牛丼にできる。すき家の提供する配分によらず
    自分でカスタマイズできます。

 

  • ご飯がベタベタにならない。食事をする場所まで移動する間に
    ベタベタになるのが嫌な人にオススメ。
  • 量が増えるほどオトク。1番大きいサイズは並盛の5倍サイズ
    なんですが、120円オトクです。

などがあると思います。

ということで
牛皿の最強コスパは5倍盛牛皿になります。

すき家の中盛は糖質が少ない!?カロリー、糖質、栄養を比較!

すき家の中盛は、ミニを除いた
メニューの中で1番ご飯の量が少なく
大盛よりもお肉の量が多いメニューです。

カロリーや糖質を調節して
食べる方もいると思うので
牛丼の各サイズのカロリー
タンパク質・脂質・炭水化物
を比較してみたいと思います。

  • ミニカロリー  496kcal
    タンパク質 15.7g
    脂質    17.2g
    炭水化物  69.8g
  • 並盛カロリー  733kcal
    タンパク質 22.9g
    脂質    25.0g
    炭水化物  104.1g
  • 中盛カロリー  798kcal
    タンパク質 28.3g
    脂質    35.7g
    炭水化物  91.1g
  • 大盛カロリー  966kcal
    タンパク質 30.1g
    脂質    32.5g
    炭水化物  138.7g
  • 特盛カロリー  1176kcal
    タンパク質 40.4g
    脂質    49.0g
    炭水化物  143.7g
  • メガカロリー  1458kcal
    タンパク質 54.3g
    脂質    71.0g
    炭水化物  150.9g

炭水化物から食物繊維などを
抜いたものが糖質ですのでこちらの
数値で比較してみたいと思います。

中盛はどうかと言うと・・・
やはり、ご飯の量が少ないので
ボリュームの割に糖質は少ないと言えますね!

まとめ

レギュラーメニューの
色々な要素を比較してみました。

他にも、廃止の方向で
動いているとウワサの「キング
というサイズもあるそうですが提供して
くれる店舗と出来ない店舗があるようです。

その量はメガの約2倍

どうしても食べたい人はメガを2つ注文
すればキングサイズを再現できますね!

そして、一時期ウワサになった「エンペラー

ウワサではキングの約2倍・・・

私には想像すらつきません。

ただ、こちらはYou Tuberの
ネタ動画が発端のガセネタのようです。

お店で注文して店員さんを
困らせてはダメですよ♪