生クリームは開封後いつまで食べられる?賞味期限や未開封の場合は?

料理

お菓子作りが趣味の方にとって、

なくてはならないのが生クリームですね。

 

しかし、この生クリーム。お菓子の種類によっては

使う量は少なく、ついつい余りがちになってしまいます。

 

また生と名がつく食品なだけに、開封後賞味期限が過ぎてしまったら

すぐに傷んでしまうイメージがありますが、実際大丈夫なのでしょうか?

 

そこでここでは、生クリームを買ったものの、開封後賞味期限を

切らしても食べられるのかどうか、解説していきたいと思います。

生クリームは開封後何日までなら大丈夫なのか?気になる判断基準は?

クリームは原料によって大きく2種類に分けられます。

 

1つは動物性の乳脂肪を原料とした、クリーム。

こちらの名称がよく聞く生クリームです。

 

2つ目は、植物性脂肪を原料としたクリーム。

ごちらの名称はホイップクリームです。

 

生クリームとホイップクリームではこのような違いがあったのですね。

なんだか、バターとマーガリンの違いみたいです笑

 

そしてこの生クリームかホイップクリームかによって、

開封後の何日まで大丈夫かが多少違ってきます。

 

生クリームの場合は、開封後約3日ほどが賞味期限だと言われ、

ホイップクリームの場合、開封後約5日ほどです。

 

しかし、もちろん環境によってこの賞味期限は前後するので、

開封後何日までは絶対大丈夫だとは言えません。

 

これらのクリームが傷んでいないかの判断するためには、

クリームが変色していないか、酸っぱい匂いがしていないかなど

自分の目や鼻でしっかりと判断することが大切です。

生クリームの賞味期限切れ!未開封の場合◯◯なら大丈夫!

それでは次は、未開封の生クリームの賞味期限が切れた場合、

どれくらいまで大丈夫なのでしょうか?

 

生クリームの場合、未開封であっても賞味期限は約1ヶ月です。

 

そして生クリームは動物性乳脂肪から作られた、

大変痛みやすい食材であります。

 

ですので、例え未開封であっても賞味期限が切れた生クリームは

食べない方がベターです。

 

しかし、賞味期限が切れて間もなくで、

実際に開けてみて匂いや見た目を確かめた結果問題ないと

判断したなら食べてみても問題はありません。

 

ただし、それは自己責任で食べるようにお願いします…!

生クリームの開封後に固まりが出来た?防止方法や戻し方とは?

生クリームが開封後に固まりができていることってありますよね。

 

これは一体なぜなのでしょうか?

 

生クリームが開封後、固まるのは主に2つの場合があります。

 

1つは生クリームが腐った場合です。

 

生クリームが腐ってしまった場合、酸っぱい匂いを発しながら

固まりますので、その場合はあきらめて処分しましょう。

 

2つ目は振動により油分が分離され固まる場合です。

 

生クリームを冷蔵庫に保存する場合、ドアの振動により

油分が分離され、生クリームが固まることがあります。

 

この場合は問題なく食べることができるので、

防止方法や戻し方を紹介しましょう。

 

防止方法としては、振動の大きい冷蔵庫のドアポケットに収納せず、

冷蔵庫の奥の方に保存をするようにしましょう。

 

固まりの戻し方は、冷水に浸しながら

少しずつ、大さじ1杯ほどの牛乳やヨーグルトを生クリームに入れて

かき混ぜれば、固まりがなくなっていきますよ!

まとめ

生クリームの賞味期限について、理解はできたでしょうか?

生クリームは大変傷みやすい食材です。

賞味期限内だからといって、過信しすぎないで

必ず見た目や匂いを確かめた上で、扱うようにしてくださいね!