コーヒーに豆乳で美味しく健康に!分離しない入れ方のコツは?

料理

豆乳はとても人気で料理にも
使われる機会が増えてカフェでも
豆乳を使ったものが定番になってきました。

家でもコーヒーにミルクの
代わりに豆乳を使ってる人も多いです。

栄養価も注目されている豆乳

失敗しない美味しい入れ方や
栄養成分など、見ていきましょう。

コーヒーと豆乳の相性抜群な飲み方!豆乳が苦手な人にもおすすめ?

実は私は豆乳の独特の香りが
とても苦手で豆乳だけでは飲めません。

ただ、パックの
豆乳飲料でコーヒー味を
試してみたらとっても美味しい!

健康にも良い豆乳なので
コーヒー味を良く飲んでいます。

では、豆乳とコーヒーの組み合わせで
美味しい飲み方をご紹介しましょう。

  • 豆乳カフェオレ

豆乳とコーヒーの割合は5対5で
作るのが一番美味しいと言われています。
おすすめはアイス豆乳カフェオレです!!

  • 豆乳コーヒーココア

ココアを加えることで香りと
コクが増して満腹感も得られます

カロリーを抑え食事の
量も減らすことができます。

  • 豆乳コーヒーゼリー

コーヒーにゼラチンを加えて
コーヒーゼリーを作り、豆乳を流し込め
ば簡単に豆乳コーヒーゼリーができます。

また豆乳とコーヒーを混ぜた
ものをゼラチンで固めても良いですね。

甘めに作るのがコツです。

コーヒー+豆乳で女性に健康効果倍増?美容とダイエットにもぴったり!

豆乳とコーヒーはどちらも健康や
美容ダイエットなどに効果抜群です。

栄養成分を見てみましょう。

  • 豆乳

豆乳にはイソフラボンが含まれています。

女性ホルモンに似た成分を
持っていて肌を潤わせるなどの美容
効果や骨の健康維持にも効果があります

エストロゲン疑似作用により
痩せる効果もありますので、カロリー
以上にダイエット効果があります。

  • コーヒー

主に目が覚める覚醒作用が
あるカフェインや、ポリフェノール系
成分クロロゲン酸が多く含まれています。

眠気疲労感の除去
呼吸、運動機能を高めます

脂肪分解促進による
ダイエット効果もあります

実はどちらもダイエット
している方におすすめなんです。

豆乳は牛乳よりカロリーが
少ないだけでなく豆乳とコーヒー
どちらも脂肪燃焼効果があります。

一定の量を飲むだけで
ダイエット効果が期待されます。

ホットコーヒーに入れる豆乳が固まる?理由と対処法を知りたい!

豆乳が固まって分離して
しまう理由は2つあります。

  • 温度

熱々のコーヒーに豆乳を入れると
タンパク質が固まってしまいます。

また、調整豆乳よりも無調整
豆乳の方が分離してしまうようです。

調整豆乳は糖分が
入っているのでその分
混ざりやすくなります。

【 対処法 】

70度以上にならない
ように温度に気をつけましょう。

豆乳を温める時も少し
ぬるめで火を止めたり豆乳を
コーヒーに注ぐ時も、コーヒーを
少し冷ましてから入れましょう。

酸によって豆乳の
タンパク質が固まってしまいます。

コーヒー豆の種類に
よっては酸味が強いものが
あるのでコーヒーに豆乳を入れた時に
固まりができてしまうことがあります。

元々の味だけではなく
コーヒー豆が古くなると酸化していきます。

酸化することが豆乳を
分離させる原因になります。

【 対処法 】

豆乳を使うときは酸味の
少ないコーヒーを選びましょう。

また、酸化させないように
新鮮なコーヒーを使うようにします。

まとめ

いつもは紙パックの
コーヒー味の豆乳を
飲むことはありましたが家で豆乳
コーヒーを作る発想がありませんでした。

美容効果やダイエット効果が
あるなんて知ったら、急に豆乳
コーヒーを作りたくなってきました。

皆さんもぜひ
豆乳コーヒーを作ってみませんか?