ラジオ体操は夏のはじまり!夏休みに1日の時間を有意義にする為の運動

スポーツ

夏休みの風物詩
とも言えるラジオ体操。

眠い目をこすり
スタンプカードを首に
ぶら下げて参加した思い出の
ある方も多いのではないでしょうか。

私もスタンプを貯める事を目標に
毎日楽しんで参加していましたが
そもそもなぜ夏休みの早朝に公園に
集まりラジオ体操をするのでしょうか?

ラジオ体操で得られる効果とは?

ラジオ体操は
自分が子どもだった頃と
同じように今の子どもも
ラジオ体操に行かせるべきなのか?
そんな疑問が出てきたので調べてみました。

朝のラジオ体操で目を覚まして、1日を有意義に過ごそう!

はじめに、ラジオ体操は義務ではありません

参加してもしなくてもいいもの
ですが近所にラジオ体操ができる
環境があるならば、ぜひ参加してみましょう。

ラジオ体操を夏休みに行う目的は
学校がない夏休みでも規則正しい生活をし
身体をしっかり動かす」ことにあります。

学校がある時に
自然とやっていた事を
夏休みに入ると意識的に
やらないといけなくなります。

地域によって違いはありますが
ラジオ体操の放送時刻に合わせて
行っているところでは朝の6時半
始まるのが一般的で、家には7時前には
帰宅1日をスタートさせることができます。

いくら長い夏休みだから
といって1日1日には限りがあります。

ラジオ体操に参加することで
早起きの習慣がつけられるんですね。

ちょっと気になる。そういえば、ラジオ体操って全部で何分くらいかかるの?

ラジオ体操は短い時間で全身の筋肉を
動かすことができる優れた体操有です。

また、酸素運動でもあるため筋トレ・
ストレッチ・バランス運動が一度にできます。

普段の生活では使わない
筋肉もほぐし血流も良くなります。

そしてラジオ体操
第一の所要時間は3分11秒

これなら、子どもも
飽きずに続けることができますね。

実は知らなかった、ラジオ体操には脳を活性化させる効果も

寝起きは脳に血液が
行かずボーっとしがちですが
ラジオ体操をすることで全身の
血流をよくし、脳が覚醒しやすくなります。

また、毎日決まった時間に
行うことで脳も身体もスイッチ
が切り替わりやる気が出てきます。

脳を活性化し、記憶力や
集中力のUPが期待できるそうです。

また朝は血糖値が日の中で
一番低い状態なので朝食前に
体操をすると体に溜まった脂肪から
エネルギーを得てダイエット効果もあります

勉強や体型が気になる
お子さんにもうってつけですね。

おわりに

誰でも簡単にできるラジオ体操
なので子どもの頃はなんとなく
身体を動かしていただけだと思います。

しかし
大人が本気でラジオ体操をしたら
たった3分ちょっとで汗だくになる
ほど運動効果が高いと言われています。

昨今、騒音問題や
場所の確保の問題で
ラジオ体操ができなく
なっている地域もあり
夏休みにラジオ体操をする
習慣が無くなりつつあるそうです。

なので、近くで
やっていればラッキーだと思います。

機会があれば
健康づくりにお子さんと一緒に
参加してみるのもいいのではないでしょうか。