富士山登山ルートはいくつあるの!?難易度や混雑度を教えて!

アウトドア

だんだんと暖かくなってきましたね!
どこか出かけたいなと思っている方も
多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが日本人なら
誰でも知っている富士山です!!

「最近運動していないし・・」
「いきなり登山はちょっと・・」

そんな方のために今回は初心者でも
登りやすい富士山のルートを紹介していきたいと思います!

富士山御殿場ルートは他と比べてどうなの?初心者には向いている?

富士山には4つ有名なルートがあります。

登山ルート名 登山口標高(五合目) 歩行距離 所要時間 山小屋の数
①吉田ルート 2305m 往復:15.1km
上り:7.5km
下り:7.6km
登り:約6時間
下り:約3時間20分
18
②富士宮ルート 2400m 往復:10km
登り:5.0km
下り:5.0km
登り:約5時間
下り:約2時間40分
9
③須走ルート 2000m 往復:14km
登り:7.8km
下り:6.2km
登り:約5時間40分
下り:約2時間30分
12
④御殿場ルート 1440m 往復:19.5km
登り:11.0km
下り:8.5km
登り:約7時間30分
下り:約3時間10分
5

今回は御殿場ルートを参照にして初心者にも
おすすめのルートを紹介します!

結論から述べると初心者におすすめのルートは
吉田ルートの一択です。

このルートを利用する登山者の大半は初心者です。
理由としては

【吉田ルートをおすすめする理由】

・山小屋が多い

・道が整備されている

まず山小屋が多いということですが
吉田ルートは他と比べて圧倒的に
山小屋が多いです!

その数なんと18個!

そのため休憩できる場所も多いために
初心者にも親しまれるルートとなっています。

そして道が整備されているのも
やはり人気の理由です。

他のルートよりも道が整備されているので
歩きやすくあまり負荷がないのが特徴です。

じゃあ御殿場ルートにはいいところがないの?
そんな方には次に書くことを見て
選んでいただければと思います。

富士山御殿場ルートは他と比べてどうなの?難易度はどうなの?

先に述べたように御殿場ルートは
長いコースなのであまり優しいコースとは言えません。

しかし、五合目までマイカーの規制がないため
新鮮な空気を吸いながら運転して五合目まで
行くことができます。

しかもこちらは吉田ルートに比べて人が少ないのがメリットです。

そのため渋滞や山小屋での混雑を好まない人は
少し難易度が高くてもこちらのコースを利用することをお勧めします!

富士山須走ルートはどういったルート!?詳しく知りたい!

もう1つお勧めしたいルートがあります。
それは須走ルートです。

特徴としては標高の高い位置まで樹林帯が
広がっている
ことが挙げられます。

そしてこのルートをおすすめするのには
3つ理由があります!

【須走ルートをおすすめする理由】

・樹林帯を抜けるとどこからでもご来光と影富士が見える

・火山の砂利道を一気に下る道がある

・登山と下山の道が違い、登山は途中から吉田ルートと合流!

このようなことが特徴としてあげることができます。

どこからでもご来光と影富士が見える!
さらに初心者に優しい吉田ルートに途中から合流できる!

これだけでもこのルートの良さが
わかるのではないでしょうか?

静かの道を歩いて山頂では
その場であった人たちと達成感を
共有できるこのルートを個人的にはおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は富士山の登山ルートについて
初心者の視点からみていきました。

最初のうちは混んでいても
人が多い方が安心できる。
そんな方は吉田ルートが
やはりいいかなと思います。

混みすぎは嫌いだしという方は
御殿場ルートを強くお勧めします。

今回の記事がこれから登る人の
参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました!!