さんまの下処理方法が知りたい!うろこの簡単な取り方は?

トリビア

「さんま」の旬は
9 月から 10 月です。

何といっても
秋の味覚の代表格ですね。

スーパーのお魚コーナーに並んでいる
のを見ると秋が来たのだな~と感じます。

さっそく美味しくいただきたいですね。

その前に、ちょっと面倒
ですが下処理をおすすめします。

うろこをきれいに
取ることもポイント!です。

うろこの取り方は
包丁の先で魚の尾から頭に
向かってなでるように取ってくださいね

引っかかってうまくいかない
場合は「ペットボトルのキャップ
を使うともっと簡単に取れます。

https://twitter.com/1116_megu/status/998192342858252291?s=20

さんまのうろこは
薄くてはがれやすいので
水揚げの時に取れてしまう
こともありますが、残っていると
食感がザラザラするのですべて取りましょう。

今回は、さんまの下処理方法や
うろこについてさらに詳しく解説します。

さんまのうろこはどこについてるの?小さくて見えないだけ?

お腹の白い部分の上側にあります。

半透明の青色で
小さく丸い形をしています。

https://twitter.com/SatobonSato/status/1177170500067266560?s=20

水揚げの時に網の中で
魚と魚がぶつかってほとんど
取れますが海の中ではさんまは
細かいきれいなうろこに覆われているのです。

また、うろこはカルシウムなどの
ミネラル分を蓄積する役目をしています。

さんまがカルシウム不足に
なると自動的にうろこから
補給する仕組みになっています。

うろこって、とても
重要な役目をしているのですね。

スーパーに売っているさんまはうろこがない? 処理はしなくて大丈夫?

旬の時期は
魚を集めてすくい取る棒受網
(ぼううけあみ)漁法で獲ります。

その時に、網の中でさんま同士が
暴れてぶつかり合うためうろこが
落ちてスーパーに並んだ時には

うろこがない

ように見えますが、すべての
うろこが取れてはいないです。

買ってきたらうろこの
チェックをしてまだ残って
いれば包丁で丁寧に取って下さい。

https://twitter.com/Hyutyan1041/status/1035120300684242945?s=20

そして、流水でよく洗って
キッチンペーパーでしっかり
水分を拭き取りましょう。

これで、うろこの処理は OK!

さんまのうろこは青い?! 表面に付いている青い点の正体とは!

表面に付いてる
青い点はまさに「うろこ」です。

半透明の青色をして
薄くキラキラしています。

青カビではないので
安心してくださいね。

うろこの青色は
さんまの内臓にある
胆汁色素..ビリベルジン
と呼ばれる天然色素の色です。

きれいな青い色ですね。

一般的に、うろこの色は
全体的に透明ですが、さんまの表面に残って
いるうろこに胆汁がつくと、青い色になります。

まとめ

今年(2019 年)は
海水温の変化でさんまが
日本近海にほとんど来なくなり
歴史的な不魚になっています。

そうなると値段が上がって
手軽に食卓への登場する機会が
なかなか難しくなってきます。

https://twitter.com/mebayumama29623/status/1164750741015130114?s=20

秋を感じさせてくれる
栄養豊富なさんまを食べれなく
なるのかと思うと、少し悲しいですね。

これまで通り「さんま」が
やってくる状況に戻る事を待ち望んでいます。

ちなみに
さんま..秋刀魚
の漢字の由来ですが
さんまの形・色が刀に似ていて
秋に獲れる魚から名ずけられたとのことです。