夏に着物!男用のおすすめと着こなしのコツを紹介します!

ファッション

夏に着物というと
浴衣(ゆかた)を思い浮かべますよね?
でも夏の着物は浴衣だけではないんです!

ただ、夏に浴衣以外の着物を着ている人
特に男性はほとんど見かけませんね。着物は
ハードルが高いと思われているのでしょうか?

ところで、男性の夏用の着物には
どんなものがあるのかご存知でしょうか?

今回は夏用のおすすめの
着物と着こなしのコツを紹介します!

今年の夏は
着物を涼やかに着こなしてみたいですね。

夏に和服を普段着として着よう!男をあげる着こなしの秘訣3つ

和服を普段着として
着ている男性は品性を感じさせます。
しかしいくら気品漂う着物姿とはいうものの
夏に和服は暑いのでは?と思っていませんか?

着物には春・秋・冬用と、夏用があります。

夏に普段着として
着るにはヒンヤリと
着られる麻の着物がおすすめです。

素材や織りがすきまから風を
通してくれるので熱が逃げやすく
暑い季節でも涼しく着ることができます。

涼やかな着物の着こなしは男をあげますよ!その秘訣を紹介します。

1.麻の襦袢や肌着を着用する

着物が汗でぬれないように襦袢(じゅばん)
や肌着でしっかり汗を取るようにします。

最も心地よいものは麻100%のものです。

しかし、素材が固い麻の襦袢は
ひざの部分が飛び出したように
ふくらんでしまうことがあります。

ですから、麻と綿の混紡または
麻とポリエステルの混紡がおすすめです。

2.夏用の足袋を履く

麻の生地の足袋を履きましょう。
履き心地がサラッとしていて、さわやかです。

3.保冷剤を帯の下に入れる

小さな保冷剤を
手ぬぐいで包んで帯の下に入れてみましょう。
背中が 冷えるので気持ちがいいそうですよ。

ウールの着物で男性用はどうなの?値段や着心地、扱い方など

夏に着るウールの着物で
男性用はどのようなものがあるのでしょうか?

ウールというと
冬用の着物を思い浮かべがちですが
夏用のサマーウールの着物があります。
男性用のウール素材の着物もありますよ。

着心地ですが、
薄手で風通しはよいです。
しかも、しわになりにくく
ふわふわして肌触りがよいのが特徴です。

着用季節は5月の
立夏以降と言われています。
夏用といっても素材がウールですから
真夏はおすすめできません。
着られる期間は短いかもしれませんね。

サマーウールの着物は
普段着として流通しているので
絹などの着物より価格が安くなっています。

扱い方ですが水洗いができるので清潔に
着られますがお湯に弱いのでお湯で洗うと
縮んでしまうので気を付けてくださいね。

ウールはカビや虫に弱いので保管する時は
乾燥剤と防虫剤の両方を入れてください。

着物を男が初めて着るときの注意点3つ!私の経験をお話しします

男が初めて
着物を着る時の注意点を3つ紹介します。
私が初めて
着物を着た時の経験をお話ししましょうね。

1.基本をそろえる

着物のほかに帯、長襦袢
足袋、腰ひも、履物が必要です。
お出かけに必要なものがそろった
フルセットを購入するとよいです。

2.ちゃんと着る

ちゃんと着るためには帯の位置が大切です。

男性の帯は腰骨の位置で
前下がり後ろ上がりに締めます。
これで着崩れを防ぐことができます。

3.着物のマナー

着物を着慣れない人が
一番苦労するのは階段の
上り下りだと言われます。

階段を使う時は着物の前の部分を
少しつまんで持ち上げるようにします。

こうすれば着物の裾を踏みつけてしまう
こともないです。裾を踏むと転倒してしまう
こともありますから十分注意したいですね。

以上が男の着物初心者への
3つの注意点です。参考にしてくださいね。

まとめ

なかなか見ることができない
男性の粋な着物の着こなし。

さっそうと夏の着物を涼やかに
着こなす姿はとても素敵だと思います。

しっかり暑さ対策をして
夏の着物を楽しんでくださいね!