まさか日本だけ!?真夏のスーツ、暑いのに着る必要あるの?

ファッション

日本では真夏でもスーツを
着るのが一般的なんですが
とにかく暑くて本当に大変ですよね。

最近はクールビズ
なんて言葉も出来ていますが
それでも取引先の人と会ったり
する際など営業の場合はスーツが基本…。

そうまでして真夏の暑い中
スーツを着ないといけないもの?

今回はそんな夏場は
暑くてもスーツ着用が基本
と言うドレスコードについておかしい
んじゃないかという声をまとめてみました。

夏にスーツなんて頭おかしいよ!「スーツ着たくない派」の叫び!

正直、夏に
長袖で上着も羽織って
ネクタイも締めるスーツを
着るなんて頭おかしいと思いませんか?

一応クールビズが定着しつつ
あるもののやっぱりジャケットと
ネクタイを締めるのが季節を問わず
日本での男性の正装なんですよね…。

ただでさえ日本の夏は蒸し暑いし
年々酷暑になっているのに未だに
古いルールやマナーに縛られている
なんて時代錯誤もいいところですよね。

筆者は女性なんですが
真夏に仕事の面接に行った
こともありその時はやっぱりジャケットを
着用していて、本当に暑くて大変でした…。

男性は外回りや
営業職ならなおさらジャケットと
ネクタイが必須なのでまるで地獄の
ような暑さを感じていることでしょう。

世のビジネスマンも
夏場にスーツは暑い!
本当に日本の風習は頭おかしい!
と大批判をしている人も多いんですよね…。

もちろんスーツを
着ていない人でも真夏にスーツを
着ている人をみるのは暑苦しいと
かなり厳しい声も少なくありません。

世間や企業はそういった暑い時期に
スーツを着なければいけないという現状に
もっと目を向けて問題視してほしいものです。

そして、営業職や
就活生であっても
季節や気温に応じた服装が
出来るようにすると良いですね。

海外ではどうなってる?夏でもスーツを着る国は存在するのか

実は夏場でもスーツを
きっちりと着込むのって
日本だけなんですよね…。

海外では季節に応じて
暑い時期なのでしたら
ノーネクタイノージャケット
スタイルで仕事をしているとのこと。

外回りなどの営業職も
なんとシャツとスラックスだけ。

かなりクールビズな
服装をしているんですよね。

流石に弁護士や銀行印は
スーツにネクタイの装いだけれど
基本的に営業職は上はシャツだけで
ジャケットもネクタイもしないんですよ。

日本も本当に見習ってほしいものです。

だからこそ海外からは
日本人は暑くてもスーツに
ネクタイで本当に正気とは思えない
なーんて言われてしまうんですよね。

こうしてみると
本当に日本は軍隊でも
作っているんじゃないか?

というくらい過酷を
強いているように感じてしまいます…。

スーツは実は非効率!?「真夏のスーツはやめよう」の提案まとめ

真夏でも暑苦しいスーツを着るのって
確かにカッチリした見た目になります。

ですが、着ている人たちは
暑さに耐えきれず、仕事の
モチベーションを下げてしまうので
とっても非効率な服装だったんです。

確かに、暑い服装を
していたら仕事にも身が入らないし
ミスも連発してしまいそうですよね。

日本はどうしても
たとえ非効率であっても昔から
続くルールを曲げるのが難しい様子…。

でもやっぱり時代と共に
変化していかないといけないので
社員のモチベーションを上げて、快適に
仕事をさせるためにも服装は季節に
合ったものを着るのがベストなんです。

そうすればより日本の社会が
非効率でなくなり効率化して
もっと発展するんじゃないでしょうか?

まとめ

『夏にスーツを着るのは
とても暑いから嫌だ。』
と思う人はとっても多いです。

確かに自分を
追い詰めたい人でない限り真夏に
暑苦しい格好なんでしたくないですよね!

しかもスーツを
暑い時期に着ることで
社員のモチベーションは
下がり仕事は非効率に…。

日本はもっと
海外を参考にして
見習うべき部分を
どんどん取り入れると良いですね。