お米のとぎ汁に美髪効果!パサつき・抜け毛・白髪の予防効果も!

美容

お米のとぎ汁には
不思議なパワーがあります。

実は、お米のとぎ汁は
美髪」に効果的なのです。

髪のパサつきや抜け毛
白髪の予防にも効果的で
美髪を目指すことができます。

お米のとぎ汁には次のような
成分が含まれていて髪以外にも
肌にも美容効果が期待できるのです。

  • タンパク質
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンE
  • 食物繊維
  • 亜鉛
  • セラミド
  • 界面活性剤
  • 油分

などなど

お米のとぎ汁が髪に与える栄養は?パサパサのダメージヘアもツヤ髪に!

お米のとぎ汁に
含まれる栄養を紹介しました。

実際に、お米のとぎ汁が
髪に与える栄養はどんなものでしょう。

パサパサの
ダメージヘアにもいいのでしょうか。

詳しくご紹介します。
先程述べた栄養素は
肌に良いともいわれています。

肌にハリを与えたり
保湿をしたり酸化を
防いだりする効果があります。

この効果は
肌だけでなく髪にもいいのです。

パサパサしている
乾燥した髪や頭皮にも効果的なのです。

 

代表的な栄養分は次のような働きがあります。

ビタミンE …肌の老化を防ぎ血行をよくする

ビタミンB1…エネルギーの代謝を促す

ビタミンB2…肌のハリを保つ

セラミド  …保湿力を高める

ミネラル  …肌の調子を整える

お米のとぎ汁で髪を洗うと
髪のキューティクルを保つ
太くコシのあるつややかな髪に
なるという効果が感じられます。

これであなたも
お米のとぎ汁美髪。

パサパサダメージヘアを
ツヤツヤ美髪にしちゃいましょう。

お米のとぎ汁の髪への使い方

■とぎ汁の準備

① 1度目のとぎ汁ではなく2度目のとぎ汁を利用

1度目のとぎ汁は汚れやゴミが付着しています。

2度目のとぎ汁をコップなどに入れて冷蔵庫に保存します。

② 沈殿物を使う

冷蔵庫に数時間置くと、水と白い沈殿物に分離します。

この沈殿物をヘアケアに使いましょう。

 

■ヘアケアに使う方法

シャンプーをしたあとに、とぎ汁(白い沈殿物)を濡れている髪に塗り、

頭皮もマッサージします。

そのあと洗い流せばOKです。

お米のとぎ汁洗髪で抜け毛を予防?頭皮環境を改善して育毛効果も?

ダメージヘア以外にも
お米のとぎ汁は効果があります。
それは、抜け毛の予防になるのです。

また、抜け毛の予防をし
頭皮の環境が改善できると
育毛効果も期待できるのです。

キューティクルを
保持した太くてコシのある髪に
なることで髪自体もしっかりと生え
抜け毛を予防することができます。

また、髪がしっかりと
生えた状態でお米のとぎ汁で
頭皮を保湿すると頭皮の環境も改善され
その結果育毛効果も感じられるのです。

このようにお米のとぎ汁には
抜け毛の予防や育毛の効果があるのです。

注意点

育毛効果が期待できるお米のとぎ汁ですが、

汚れを落とす効果はありません。

育毛には頭皮の汚れや余分な皮脂を落とすために

きちんとシャンプーすることが大切です。

お米のとぎ汁はあくまでも、補助として使いましょう。

憧れはキレイな黒髪!昔はお米のとぎ汁でキレイ髪をキープしていた?

以上のように
美髪、育毛、抜け毛予防の効果を
もつお米のとぎ汁ですがこれらの
効果は今に始まったことではありません。

実は、昔から
お米のとぎ汁は活用されていたのです。

遥か昔、江戸時代に遡ります。
この時代の女性は、お風呂へいくとき
米を精米したときに出る「ぬか」を体を
洗うために持っていったと言われています。

ぬかを袋に入れて
そのぬか袋で体を洗っていたそうです。

この時代からお米のとぎ汁が
もつ効果が知られていたのですね。

昔の方にも、きれいなツヤツヤさらさらの
黒髪がいらっしゃったに違いありません。

 

[中国の秘境・少数民族のホンヤオ族]

テレビ番組で紹介され、お米のとぎ汁の効果が話題になりました。

ホンヤオ族の女性は18歳で1度髪を切るのを最後に、

髪を伸ばし続ける伝統があります。

高齢の女性でも黒々としていて、

毛量も多く、つやつやとした髪質を保っています。

その村での洗髪は、お米のとぎ汁を使っているんです。

あなたもお米のとぎ汁で
ツルさら黒髪を目指しましょう。
もちろん黒髪でなくても大丈夫です!

まとめ

お米のとぎ汁の偉大さに驚きが隠せません。

私はお米のとぎ汁の
使い方を料理で初めて知りました。

普段はお米を洗って
そのまま流してしまっていました。

しかし、あるとき
今日はお米のとぎ汁を流さずとっておいて
というお達しが祖母からありました。

どういうことか分からずでしたがその日は
とぎ汁を捨てずに大切にとっておきました。

料理をしようと母の手伝いをすると
今日のおかずには「たけのこ」が!

実は、たけのこを茹でるときには
お米のとぎ汁を使うといいのです。

私は、この時にいつもなら
捨ててしまうものも使い方によっては
活用できるものもあると知りました。

それからはいろいろ試しました。

お米のとぎ汁で
フローリングの床を拭いたり
使い終わった油で石鹸を作ったり
捨てずに使えるものもあるという
ことを感じた小学生時代でした。

お米のとぎ汁には
美髪以外にも効果がまだまだありそうです。

みなさんも
いろいろ試して発見していきましょう。