寿司のシャリ抜きの効果は?カロリーや糖質量について知りたい!

料理

夏が近づくにつれて気になるのが、そのたるんだお肉たち。

 

露出が多くなる夏に向けて、

ダイエットを考えている人たちも多いのではないでしょうか?

 

そんな中最近、カロリーオフや糖質オフダイエット

という言葉をよく耳にしますよね。

 

回転寿司のお店に行くと寿司のシャリを

抜きにしたり、代替品に変えてくれるサービスをする店もあります。

 

では実際にこの寿司のシャリ抜き、どれくらいのカロリーカットの

効果があるのでしょうか?

 

ここで簡単に解説をしていきましょう!

寿司のカロリーは一皿どのくらい?シャリのカロリーはどれくらい?

寿司はネタにもよりますが、一皿2貫と考えるとだいたいカロリーは

100kcal~180kcalほどになります。

 

ですので、お寿司を10皿以上食べるとそれだけで1000kcalオーバー。

ダイエット中の方は気をつけなければなりませんね…

 

ではこの一皿のお寿司の中でシャリのカロリーはどれくらいなのでしょうか?

 

お寿司一皿でだいたいシャリは50gほど。

そのカロリーは約80kcalほどになります。

 

先ほどの寿司のカロリーを考えますと、お寿司のカロリーの多くは

シャリで占められていて、これを抜きにしてしまうシャリ抜きは

確かに効果がありそうですね。

寿司一貫の糖質量は◯◯!ネタと糖質量のリストを一挙公開!

脂肪の元となる糖質ですが、寿司には糖質が多く含まれています。

 

寿司1貫のシャリの糖質量は約7.5gです。

 

ネタによりますが寿司一貫全体の糖質量は約8gです。

 

シャリには米でなく、酢や砂糖も含まれているため、

寿司の糖質量のほとんどはシャリにあると言っても過言ではありません。

 

ではここで一貫あたりの代表的なネタの糖質量のリストを見てみましょう。

【代表的なネタの糖質量(一貫)】

・いなり 20g

・たまご 17g

・あなご 9g

・まぐろ 8g

・あじ  8g

・いくら 8g

・あかがい 7.7g

鮮魚類の寿司の場合、寿司の糖質量のほとんどがシャリであることが

このリストからもわかります。

 

ですので、糖質をカットしたい場合、寿司のシャリ抜きにすることは

確かに効果的であることがここからもわかります。

寿司のシャリの原価は一貫あたり◯◯円!各ネタの原価率も知りたい!

ただ同じ値段を払うのに、

シャリを抜きにするってなんだかもったいない気がしますよね。

 

しかし、寿司のシャリの原価はは一貫約5~8円ほどだと言われています。

 

一皿100円の寿司だとしても、シャリの原価は10%ほど。

これだったらシャリ抜きにしてもそこまで気になりませんね。

 

またせっかくですのでここで代表的なネタの一貫の原価率も見てみましょう。

大衆的な回転寿司チェーンで考えますと

【代表的なネタの原価(一貫)】

・まぐろ 50円

・うに  50円

・あなご 30円

・いか  30円

・あじ  30円

・いなり 20円

・たまご 20円

日本人はまぐろに並々ならぬ熱意を持っているので、

回転寿司店でもまぐろに力をいれていることが多いです。

 

もちろん店ごとによって違いはありますが、コスパの面で考えたら

まぐろやトロなどの赤身の寿司を注文するのがいいでしょう。

まとめ

寿司のシャリ抜きの効果、わかってもらえたでしょうか?

最近、糖質オフブームに乗せられてシャリを残して帰る人が

問題となっています。

 

お金を払っているから問題がないと言われればそうですが、

食事を残すのはやはり気持ちがいいものではないですよね。

 

寿司のシャリ抜きは確かに糖質カット、カロリーオフの効果があります。

 

もし糖質カットがしたくて、お店にシャリ抜きのサービスがあるのなら、

ぜひ利用して気持ち良く食事をしてくださいね!