コーヒーにココアを混ぜるだけ?簡単美味しいカフェメニューに!

料理

オフィスや自宅などで
一息つくときに飲まれているコーヒー。

飲み慣れた味もいいですが
ココアを入れることで簡単に
アレンジすることができます。

コーヒーとココアを混ぜると
一体どんな味になるのでしょう?

体に嬉しい栄養効果も合わせて
美味しく飲む方法をご紹介します。

いつものコーヒーをアレンジ!ココアの割合を変えて自分好みに!

コーヒーとココアを混ぜると
いわゆる「カフェモカ」になります。

本来カフェモカは

  • エスプレッソコーヒ
  • チョコレートシロップ
  • スキムミルク

で作られているので
チョコレートと同じ
カカオで作られている
ココアでも代用できるというわけです。

作り方はココアを作ったカップに
コーヒーをスプーン1杯ほど入れます。

これならコーヒーが苦手な
方でも美味しく飲めそうですね。

本格的に作ってみたい方はココアや
コーヒーの割合を変えたりホイップ
クリームを乗せたりするのもいいですね。

牛乳のかわりに豆乳で作ると
ソイモカ」にもなりますよ。

ココア+コーヒーで栄養効果も2倍に?毎日飲むならどっちがいいの?

ココアとコーヒー
栄養面で毎日どちらかを
飲むならココアをおすすめします。

ココアには

  • リラックス効果
  • 疲労回復
  • 便秘の解消
  • アンチエイジング効果
  • 冷え性の改善
  • 風邪・動脈硬化・認知症・ガンの予防
  • 貧血改善
  • 虫歯予防
  • アレルギー改善

などなど、嬉しい効果がたくさんです!

もちろんコーヒーにも
栄養はありココアとは
違う面であなたを健康にしてくれます。

カフェインが
問題視されていますが
覚醒作用・解熱鎮痛作用
期待でき抗酸化作用や代謝の向上

糖尿病アルツハイマー型認知症
ガンの予防もできるのです。

カフェモカとして
合わせて飲むと美味しい上に
両方の栄養が取れ、一石二鳥ですね。

コーヒーとココアが持つ驚きの健康効果!美容にもいいってホント?

上記でたくさんの
健康効果に触れてきました。

コーヒーもココアも
ダイエットに向いており
美容にもいいんです。

どちらにも含まれている
ポリフェノールは腸内環境を整え
体の中のサビをとってくれます。

ポリフェノールは動物性の
食材には含まれておらず

  • ワイン
  • ブルーベリー
  • 蕎麦
  • ゴマなどに多く含まれています。

ココアやコーヒーは
毎日摂りやすいので、積極的に
ポリフェノールを摂取することができますね。

コーヒーには
脂肪を燃焼させる効果もあるので
ぜひ合わせて飲んでみてください。

さいごに

カカオ豆やコーヒー豆にここまで
健康効果があるなんて驚きですね。

甘くしたほうが
飲みやすい方もいるかと思いますが
砂糖の入れすぎには気を付けてくださいね。

美味しい飲み方を見つけてリラックス
タイムをより豊かにしていきましょう。