コーヒーの賞味期限はどのくらい?期限切れのコーヒーの使いみちとは?

料理

毎日の生活にコーヒーが欠かせない!

っていう人はいますよね?

 

実は、私もその一人です。

 

朝は目覚めのコーヒー、
仕事中のコーヒー、
仕事終わりのコーヒ…

ついつい事あるごとにコーヒーを飲んでしまいます。

 

そのような方は、インスタントコーヒーをストックしている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、このインスタントコーヒーって、
ついつい買いすぎて賞味期限が切れてしまうことってありますよね。

 

インスタントコーヒーは賞味期限が切れても大丈夫なのでしょうか?

 

また、賞味期限切れのコーヒーに使いみちはあるのでしょうか?

 

ここでは、これらについてしっかりと解説をしていきたいと思います!

インスタントコーヒーの賞味期限はどのくらい?切れても◯◯なら大丈夫

インスタントコーヒーの賞味期限はどのくらいでしょうか?

 

結論から言えば、インスタントコーヒーの賞味期限はだいたい3年ほどになります。

 

ですので、その期間内に飲みきってしまえば問題はないですが、ついつい忘れてて賞味期限が切れてしまうこともあります。

 

ですが、インスタントコーヒーは賞味期限が切れたからといって、すぐに腐るということはありません。

 

具体的にどのくらい大丈夫かは定かではありませんが、賞味期限が切れても、2年ほどは問題ないと言われています。

 

しかし、これは理想的な状態で保存されている場合です。

 

湿気が多いところで保存して、賞味期限が切れていたらいくらインスタントコーヒーでも悪くなっている可能性はあります。

 

賞味期限が切れたインスタントコーヒーは自己責任で、臭いなどを確かめたうえで飲むようにしてくださいね。

アイスコーヒーにも賞味期限はある!美味しく飲める限界はどのくらい?

夏にぴったりなアイスコーヒーですが、
こちらにも賞味期限はあります。

 

アイスコーヒーの賞味期限ですが、密閉容器にいれて冷蔵庫に入れて保管して、約1週間と言われています。

 

ただし、こちらはただ飲むならの話です。

 

コーヒーの大事な要素である風味ですが、
こちらは3日程度で落ちてきます。

 

美味しく飲みたいなら、やはり早めに飲んでしまうのがいいですね!

賞味期限切れのコーヒーは捨てたらもったいない!賢い使いみちを知りたい!

賞味期限切れのコーヒーを捨ててはいませんか?

 

それはもったいないです!

 

賞味期限切れのコーヒーには意外な使いみちがあるのですよ。

 

賞味期限切れのインスタントコーヒーを不織布などに入れて、冷蔵庫に入れておけば脱臭剤として活用できます。

 

また、靴箱やブーツに入れたら湿気取りに役立ちます。

 

他には、風味は無くなったけど、まだ飲めるコーヒーはカレーの隠し味に入れると味に深みが増します。

 

これら意外な使いみち、ぜひお試しあれ!

まとめ

賞味期限切れのコーヒーについて
理解することはできたでしょうか?

 

日々の生活に必需品なコーヒー、

例え賞味期限が切れても賢く活用して、
生活に役立ててくださいね!