十分と充分は何が違う?意味や使い方を知りたい!英語の場合は?

トリビア

普段使っている日本語にも
実は使い方が難しいものってありますよね。

みなさんがよく使う「十分」という言葉
読み方は同じでも「充分」という書き方も見かけます。

この「十分」と「充分」正しい
使い分けを理解していますか?

この2つの意味や使い分け
また2つを英語に直したらどうなるか
なんてこともここでしっかり解説していきたいと思います!

十分と充分の意味はコレ!違いや使い分けについて知りたい!

それでは十分と充分の意味の違いに
ついて解説していきます。

この十分と充分ですが
意味としてはどちらも「満たされている」
という意味で間違いはありません。

しかし、この2つの間では微妙にニュアンスが違います。
まずは十分ですが、見ての通り十という数字が入っています。

数字が入っていることからわかる通り
十分の場合、数量的に数が満たされている
という
ニュアンスの時に用いられます。

では次に充分の方です。
こちらは充実の充が使われているように
精神的に満たされている場合に使われます。

一時期「リア充」という言葉が流行りましたが、
あれは「リアルが充実している」の略であり
ニュアンスはこれに近いです。

十分と充分と十二分ってどんな時に使うの?使用例から見る違いを解説

では十分と、充分、加えてこれまた
よく似た意味の十二分の使用例を例文を交えて解説していきます。

十分は前述で、数量的に満たされている時に
使うと説明いたしました。

実際に使用例を挙げますと
在庫が十分にある」といった感じでしょうか。

充分も前述で、精神的に満たされている時に
使うと説明しました。

使用例を挙げますと
お気持ちはもう充分です」などです。

またこれまた同じような意味で「十二分」という言葉があります。
これは十分を強調した言葉になっています。

十がさらに増えて十二になっている
わけですからね。

ですので先ほどの例文をまた挙げますと、
在庫は十二分にある」でも使うことができます。

ただ十二分になると、多すぎて困ったというニュアンスも
含まれてくるので気をつけましょう。

十分と充分、英語ではどう表現するの?だから日本語は難解と言われる?

十分と充分を英語で使い分けしようと思ったら、
適する言葉はあるのでしょうか?

調べてみたところ、十分も充分も英語では
使い分けをせず「enough」で表すようですね。

むしろ外国人からしたら、enoughの意味を調べて
十分、または充分ですよ。これは読み方は同じですよ。

でも意味が違くて数的が精神的かの違いですよ。

でも実際日本人もしっかり使い分けている人は少ないですよ。

なんて、説明されたら混乱してしまうでしょうね…

こういう微妙なニュアンスの違いや意味の豊富さが
日本語が難解だと言われる所以なのでしょうね。

まとめ

十分と充分の違い、理解できたでしょうか?
実際のところ、厳密に使い分けなくても意味は通じると思います。

ですがせっかく私たちの母国語である
日本語を使っているのですから

できるだけ正確にそして丁寧に
日本語を使いたいですよね!

そしてその第一歩としてまず
十分と充分をしっかり理解して使い分けてみてくださいね!