雷は車にも落ちる!?ドライブ前に知っておくべき落雷への対応

トリビア

季節が梅雨から夏になるにつれて
大気の状態は不安定になります。

そうなると起こるのがゲリラ豪雨。
予期せぬ大雨や雷に困ってしまいますよね。

それは運転中でも同じです。
車にも雷が落ちることは知っていますか?

そして車に雷が
落ちる際の対応はご存知ですか?

ここでは夏のドライブの前に車に雷が
落ちる場合の対応を解説していきましょう!

車への落雷!避ける方法は?落雷での故障に保険は利くのか?

車への落雷ですが
避ける方法はあるのでしょうか?

結論としては
落雷を避けるなら車に中にいる方が安全です。

車に落雷しても電気は
ボディを伝って地面に
逃げるので車に中に居れば安全です。

ですので
車に落雷した時や雷が鳴っている時は
車の中にいるようにしましょう。

それでは落雷による
車の故障では保険は利くのでしょうか?

結論から言えば多くの保険会社で
保険対象になっているそうです。

車に落雷がしても
今の車ではそうそう
故障することは少ないそうです。

ただ、やはり命を預かる
大切な乗り物である車です。

車に落雷をしたら
故障の確認のためにも保険会社などに
相談をした方がいいかもしれませんね。

バイクへの落雷もあり得る!事故データに見る落雷の可能性

車の場合は落雷があっても
車の中に居れば安全でしたがバイクに
落雷が起きた場合はどうなのでしょうか?

結論から言えば
バイクに落雷をした場合は大変危険です。

バイクも車も同じ金属の塊です
から当然落雷の可能性はあります。

しかし何より違うのは
バイクは人がむき出しになっています。

ですのでバイク走行中に落雷があったら
乗っている人はまず無事ではありません。

即死の可能性も十分にありえます

実際にバイクの乗っている時の
落雷の事故も過去には起きているようです。

これからわかる通りバイクにも
落雷の危険性はあり人への危険度は比べ物に
ならないほどバイクの方が大きいです。

サンルーフのある車は危険?落雷の影響を避ける方法とは

サンルーフがついている車がありますが
この場合落雷の危険度は変わるのでしょうか?

結論から言えば
サンルーフがあると多少危険度はあがります

サンルーフはガラスですが
こちらも電気を通す物質です。

ですので、落雷をした時
サンルーフの近くにいたら
怪我をする可能生があります。

ですので落雷の影響を
避ける方法としてはサンルーフに
近づかないようにすることが一番安全です。

まとめ

落雷時の車の対応は
理解をすることができたでしょうか?

落雷による事故は
そう多いものではありません。

しかし、過去には
実際に死亡事故も起きています。

ですので、落雷による事故を他人事だと
思わずにここで学んだことを参考にして
各自でしっかりと対応してくださいね!