さばの味噌煮は冷凍できる?保存できる期間や解凍の方法は?

料理

さば料理の定番さばの味噌煮。

さばは栄養価も高いし
あの味噌だれはご飯が進みます。

煮魚は少量で煮るよりもある程度
魚を多く煮た方が味が出ますよね。

そんな時の美味しく保存できる
方法を知りたくて調べてみました。
また、栄養価や簡単な作り方も紹介します。

さばの味噌煮のカロリーはどのくらい?他の食べ方よりも高い?

さばの味噌煮のカロリーは
1人前160グラムとして
350キロカロリー前後になります。

旬で脂が乗って美味しくなると
カロリーも上がってしまいます。

ただ、さばの脂に含まれる成分は

  • 体内の脂を分解する効果
  • 糖質が低い割に腹持ちする

ですからダイエット中でも
食べることができる料理なんです。

[さばの味噌煮の保存方法]

さばは魚の中でもとても傷みやすい魚です。

新鮮なうちに味噌煮
(加熱)にして保存しましょう。

二日以内に食べ切る時は冷蔵保存でも良い
ですがそれ以上の時は早めに冷凍保存します。

冷凍してからも3週間以内に食べましょう。

冷蔵も冷凍も味噌の煮汁に
たっぷり浸して保存するとパサつく
ことなく美味しい状態をキープできます。

冷凍するときは空気と触れないように
ラップで蓋をするか密閉袋に入れて冷凍します。

時短も叶う!さばの味噌煮はさばの缶詰を使って簡単にできる!

さばの味噌煮を作る方法として
時間をかけずに簡単に作る方法があります。
さばの水煮缶」を使って作る方法です。

もう火が通っていますし下味も
ついているので長く煮ることはありません。

5分程度中火で煮汁をかけながら煮込みます。

火を止めた後に味が入るので少し
鍋に置いて味が染みるのを待ちます。

味噌だれの基本の分量はさば
4切れに対して次のようになります。

水 1カップ
酒 1カップ
砂糖 大さじ2
味噌 大さじ2
醤油 小さじ2

お好みで加減してみましょう。

さばの味噌煮缶に大根を入れてさらに美味しく!おすすめレシピを紹介!

[さば味噌煮缶と大根の煮物]

  1. 大根200gをいちょう切りし、水200mlで茹でます。
  2. 茹で上がったら、そこにさば味噌煮缶を入れます。
  3. 弱火で水分が少なくなるまで煮て出来上がりです。味付けは缶詰の煮汁だけで大丈夫です。

[さば味噌煮缶のおろし煮]

  1. 大根おろしを作り、水気をきっておきます。
  2. さば味噌煮缶を鍋に入れ火にかけます。
  3. 大根おろしを入れて軽く煮たら出来上がりです。

長く煮込む必要はありません。
濃い味のさば味噌煮がさっぱりと味わえます。

まとめ

さば缶はダイエット
向きということもあって
一時期スーパーで売り切れ
続出になったことがありました。

生のさばから味噌煮を作ると
くさみがうまく取れないこともあったので
さばの水煮缶を使うのはうれしい情報でした。

あと、私は市販の味噌煮の味付けが
ちょっと甘いなあと感じる方だったので
味噌だれの砂糖を加減して作れるのも魅力です。

大根を加えることで
簡単なのにメインのおかずになりますね。

これはさばの出番が増えそうです。