夏休みでも幼稚園に子供を預けて仕事に行きたい!預かり保育とは?

教育

夏休みが近づくと不安なのが

幼稚園ですよね。

 

普段はお子様を幼稚園に預けて、
共働きをしている方も、
幼稚園が夏休みに入ると、仕事を休んで
子供の面倒を見なくてはなりません。

 

しかし、そうは言っても仕事をなかなか休めないのが実情です。

 

そこで、そのような方々に助かるのが、

預かり保育です。

 

初めての育児でてんやわんやになる前に、

ここでしっかりとあずかり保育について理解をしておきましょう!

夏休みもこれがあれば安心!?使って納得!預かり保育とは?

幼稚園で基本的な幼稚園児を預かる時間は
だいたい9時から14時までです。

 

それに加えて更に子供を預かってもらうことを
基本的に預かり保育といいます。

 

平日の場合は14時以降のことを指しますが、
夏休みなどの長期期間の休みの時は、
日中も夏休みの預かり保育と称し、
子供を預かってくれます。

 

幼稚園の預かり保育の場合は、
預かってくれるのは
その幼稚園に通う幼稚園児のみです。

 

保育園の場合は、その定めはありませんので、
場所関係なく多くの子供が預けられます。

 

また、預かり保育は一緒の組みではない
子供たちと一緒に行われることが多いので、
子供にとっても友達が増えるなどの利点があります。

夏休み到来!幼稚園の預かり保育はいつから?利用条件はあるの?

幼稚園の預かり保育は

いつから始まるのでしょうか?

 

一般的には幼稚園の夏休みは
7月の中旬から8月末までですので、
その幼稚園の夏休みに合わせて、
預かり保育は始まります。

 

実施期間は様々で、土日祝、お盆も含めて
全て行っている園もあれば、
一定の期間のみ預かり保育を行っている園もあります。

 

利用条件としては、先ほど述べた通り、
まずは子供がその幼稚園の園児であることです。

 

加えて、両親が共働きか、専業主婦(夫)によって、預かり保育が利用できるかが変わってくるそうです。

夏休みの働く親の救世主?幼稚園の預かり保育の保育料相場はいくら?

それでは、夏休みの幼稚園の預かり保育の
保育料はいったいいくらぐらいになるのでしょうか?

 

もちろん、保育料は幼稚園によって変わってはくるのですが、

相場としては1日1000円から2000円ほどのところが多いそうです。

 

もちろんこれに加えて、延長保育代やおやつ代はかかります。

 

しかし、共働きで家計を支えている方は
これぐらいの相場の値段で子供を幼稚園に
預けて夏休みでも仕事を続けられるのは
大変助かりますよね。

まとめ

夏休み中の幼稚園の預かり保育、

理解することはできましたか?

 

まだ理解しきれていない方は、
お子様が通われている幼稚園や、
入園予定の幼稚園に
しっかりと相談をしましょう。

 

そして、納得をした上で子供を預けて、
仕事に子育てに、夏休みでも張り切って頑張りましょう!