七夕生まれを連想される名前とは?夏生まれにはどんな漢字がある!?

トリビア

もうすぐ七夕(たなばた)ですね。

織姫と彦星が年に1回会える日。
みんなで願い事を短冊に込めて飾る日。

世の中には
七夕生まれでこんなロマンチックな日
が誕生日の方も…素敵なことですね。

ちなみに七夕生まれの方は
どんな名前なのでしょうか。

今回は、そんな七夕生まれを連想させる名前
や夏生まれに多い名前について紹介します。

これから生まれる
お子様の名前をお考えの方も
ぜひ、参考にしてください!

七夕生まれの子どもの名前!同じ漢字でも読み方は違うの?

みなさんは、七夕生まれを連想させる名前に
どのようなものが思い浮かぶでしょうか?

七夕だから思い切って
「織姫」「彦星」も考えられますね。

それ以外にも七夕を
連想させる漢字を使った名前があります。

例えば、七夕の「七」を使った名前。
「七」には、いくつかの読み方があります。

「七」:なな、な、かず

しち、しつ、ななつ、なの 等々

男の子の名前

七瀬(ななせ)くん
元七(げんしち)くん
海七斗(みなと)くん

女の子の名前

七緒(ななお)ちゃん
瀬七(せな)ちゃん
七菜(なな)ちゃん

同じ「七」を使っても
読み方の違いで様々な名前が考えられます。

他にも、いろいろな読み方をも
七夕をイメージする漢字を紹介します。

性別によって
よく使われる読み方も紹介します。

(男の子)あま たか かな たか
(女の子)あ あま そら

(男の子)せい しょう せ
(女の子)あかり せ せい

(男の子)ゆう き ゆい ゆ
(女の子)ゆう ゆ き

同じ漢字を使っていても
いくつかの読み方ができるので
七夕をイメージしながら名前に込める思いを
大切にして素敵な名前を考えてくださいね。

7月生まれの子どもにピッタリな名前!古風な名前のポイントは?

七夕生まれを連想する
名前にについて紹介しましたが
次は7月生まれにピッタリの名前を紹介します。

名前の付け方にはいろいろな方法があります。

今回は古風に7月の異名から
考えられる名前を紹介します。

7月の異名

建申月(けんしんげつ)…建蔵、申太
親月(しんげつ)   …親太朗
桐月(とうげつ)   …桐生(きりゅう)
文月(ふみづき)   …文子
愛逢月(めであいづき)
…愛翔(まなと)愛七(まな)
蘭月(らんげつ)   …蘭
涼月(りょうげつ)  …涼平

名前に新しい
古いはないと考えますが
古風な名前は味があって素敵です。

最近は、DQNと呼ばれる名前も話題に
なりましたが昔から大切にされている漢字を
使うのは子どもにとってもいいことです。

7月生まれだからこそ
使う漢字から思いを込めて
付ける名前も愛情がこもりますね。

この古風な名前の考え方は
7月生まれ以外の他の月でも活用できます。

いいな!
と思った方はお子様が生まれる
月の異名をぜひ調べてみてください。

7月生まれの子どもにピッタリな名前!花にちなんだ名前は!?

この他にも7月生まれに
ピッタリな名前の付け方があります。

例えば7月生まれなので
夏をイメージする花や植物の
名前を用いるという考え方です。

7月生まれ「夏」と聞いて思いつく花

紫陽花(あじさい…紫音(しおん)
朝顔(あさがお)…朝陽(あさひ)
向日葵(ひまわり)…日葵(ひまり)日向(ひなた)
などが挙げられます。

その季節をイメージする
植物や花の漢字や音を使って
つける名前も季節感があっていいですね。

名前から夏生まれだと
想像でき話の話題にもなります。

まとめ

今回は、七夕や7月の異名、花や植物から
考えられる名前の付け方について紹介しました。

「何月生まれか、何日生まれか」
ということは名前を考える上で
きっかけになると思います。

どんな風に育っていって
ほしいのかを心からじっくり
考えてお子様に思いがつまった
素敵な名前をぜひ付けてあげてください。

元気に成長されることを願っています!