意外に多い?エアコンが嫌いな人のその理由と対策の方法は?

健康

夏になると年々暑さが
ひどくなっていますが
そんな時に気になるのが熱中症

でも、高齢者ってエアコンが嫌いな人が
多いからどんなに暑くても使わずにいて
熱中症になってしまうケースが多いですよね。

一体お年寄りはどんな理由で
エアコンが嫌いなんでしょうか?

今回は家族にエアコン嫌いの
高齢者がいるのなら絶対に知っておきたい。

エアコンを使わない理由と、どうにか
して熱中症を回避する方法を紹介します。

悩んでいる人必見!何故エアコン嫌い?老人への対策とは?

高齢者にエアコン嫌いが
多いのは高齢になると
体温調節機能が衰えてしまうから。

エアコンをつけると
必要以上に体を冷やして
しまうことが多いんですよね。

また、昔から日本では便利なものを
遠ざける人が一定数いてエアコンも
使うと体を悪くするという根拠ない
理由で嫌っている高齢者も多いんですよ。

さらには、戦中・戦後の
激動の時代を生き抜いてきた方々。
質素倹約家が多く、勿体ない精神から
エアコンを使えない方も多いのです。

確かにエアコンも
冷やし過ぎてしまえば体に毒です。

でも適切に使うことで
熱中症はもちろん暑さによる
寝不足も回避できるので、かえって
健康キープに必要な家電なんですよ。

どうしても日本人って
暑いことを我慢したがる人が多い
のですが、その我慢によって健康被害を
被ってしまったら元も子もないですよね。

天気予報やニュースでも
伝えられているようにエアコンは
適切に使っていくのが良いですね。

そこで、もしエアコン嫌いの高齢者が
身近にいるのでしたら熱中症になって
しまわないためにもエアコンは冷やし
すぎなければ健康を害することがない
という旨をしっかりと説明しましょう。

体が冷えてしまうというのでしたら
温度を28℃に設定するのがいいでしょう。

そして、エアコンからの
風が直接体に当たらないように
吹き出し口を上に向けるなど快適に
過ごせる設定をしてあげると良いですよ。

命の危険!エアコンが嫌いな人が熱中症にならない為には?

どうしてもエアコンが
嫌いで使わないとなると
やっぱり熱中症の対策を
しっかりしておかないといけませんね。

エアコン嫌いな人が
熱中症にならないようにするには
まず、首や脇の下、足の付け根などに
保冷剤を当てたりひんやりタオル
巻くなどして動脈を冷やしていきましょう。

ちなみに実際に
熱中症になってしまった時も
首や脇の下などを冷やすと効果的ですよ。

あとは水分と塩分をしっかり摂ること。

夏の定番ドリンクと言えば
麦茶ですが、大量に汗をかいたことで
流れ出た塩分は麦茶では補えないので
塩飴をなめたりスポーツドリンクなどを
飲むようにすると良いですね。

エアコン嫌いな人でも
以上の対策をしっかりしていけば
熱中症で倒れてしまうリスクは下げ
られるので、ぜひおすすめですよ。

これで安心!涼しく過ごせるエアコンが嫌いな人の熱中症対策!

エアコン嫌いな人に
おすすめする熱中症対策は
扇風機に保冷剤を取り付けることです!

扇風機の後ろ側に保冷剤を貼り
付けて稼働させれば扇風機から出る
風がとってもひんやりして涼しくなります。

エアコン嫌いな人にも
おすすめの熱中症対策になりますよ。

ちなみに、エアコン嫌いの人に
最適な熱中症対策アイテムとして
こんな便利アイテムも見つけました!

【通販サイトはコチラ】

https://store.shopping.yahoo.co.jp/cospa/4560213667248.html?ppachannel=7&ppaorganic=true

このアイスウインドは
冷凍庫で冷やしておいて扇風機に
取り付ければ、とっても風が涼しくなる
のでかなり快適になるんじゃないでしょうか?

保冷剤だと水滴が垂れて心配
という人にもおすすめな方法ですよ。

ぜひエアコン嫌いな人は
検討してみてくださいね。

まとめ

エアコン嫌いなお年寄りには
いかにエアコンが大事であるか。

適切に使えば体にあまり負担が
ないかというのを説明しましょう。

また、万が一熱中症で
倒れてしまい、救急搬送されると
どれだけ大変でお金がかかるかと
いうことも伝えると良いですね。

エアコンをどうしても
使わないのでしたら首や
脇の下などを冷やすようにして
水分と塩分補給、そして扇風機に保冷剤を
取り付けるということをするといいですよ。