夏の湿度、エアコンでどこまで下がる?健康と節電のための活用法

お金

夏場は部屋の湿度をどこまで
エアコンで提げられるんでしょうか?

あんまりエアコンを
効かせてしまうと健康にも悪そう
だし電気代もかさんでしまいますよね…。

でも、エアコンは適切に
使えばしっかりと涼しく
なるし湿度も下げられるんですよ。

そこで今回は
夏場エアコンで湿度を
上手く下げるにはどうしたらいいか
適切なエアコンの使い方を紹介します。

エアコンの設定で湿度は変わる?適正を知るためまず現状把握を

エアコンは除湿設定にすることで
湿度を下げることが出来るんですよ。

ただし、快適な室内にするためには
まず適正な湿度を知っておきましょう。

室内にいて快適に過ごせる
適正湿度は40~60%です。

https://twitter.com/keicham39/status/1172995439039115264?s=20

つまり夏場、室内の湿度が
気になったら、除湿設定にして
湿度を適正値まで下げると良いんですね。

ただし、湿度は体感じゃあ
あまり把握できないので湿度計などを
見てチェックするのが一番おすすめですよ。

ちなみに我が家には
湿度計付きの時計があるので
それていつも湿度はチェックしています。

エアコンで除湿するとき、実際の温度をチェック!寒すぎたら要注意

エアコンの除湿機能を
使って湿度を下げる場合は
温度もしっかりチェックしましょう。

除湿の効果を上げたいがために
温度をどんどん下げてしまうと
今度は寒くなってしまうし、エア
コンが効きすぎると、当然ながらその分
電気代も高くなってしまうんですよね…。

そのため、温度は
27~28℃に設定しておきましょう。

また、扇風機やサーキュレーターを
併用したり、キッチンと繋がっている
リビングの場合は、換気扇を回すことで
より湿度を下げることが出来ますよ!!

エアコンを適切に
使うためにもくれぐれも温度を下げ
過ぎないように注意してくださいね。

ちなみに我が家でも夏場の
エアコンはだいたい27℃設定です。

エアコンの除湿、効果は冷房と違うのか?費用対効果が高いのは?

エアコンの除湿と冷房ってどんな効果に
どんな違いがあるのか知っていますか?

分かりやすく説明すると
除湿はその名の通り、部屋の
湿度を下げる効果があり、一方
冷房は部屋の温度を下げる効果があります。

つまり温度よりも湿度が気になる時は
冷房よりも除湿にした方が良いんですね。

蒸し蒸しとした暑さの場合は
冷房よりも除湿にした方が涼しいと
感じる場合もあるし、なにより洗濯物
を部屋干しにしている時は、除湿にした
方が早く乾いて便利なんですよ!!!!

ただし真夏など
温度が高いのが気になる場合は
冷房を使った方が快適になるでしょう。

このように冷房と除湿を使い分ける
のが快適に過ごすのに効果的なんですよ。

ちなみに、除湿よりも
冷房機能のほうが若干は電気代が
安いんですが最も電気代を安くする
方法は、上手に除湿と冷房を使い分けること。

https://twitter.com/amannda810/status/1172823515457699842?s=20

確かに冷房の方が若干は
消費電力が少ないんですが
湿度が気になる時に冷房を使って
もあまり効果がなく、温度をどんどん
下げて稼働させてしまいがちなんですよね。

そこで、蒸し蒸しする時は
除湿を迷わず使いましょう

そうすれば無駄に電力を
消費することもなく、なおかつ
快適な室内にすることが出来ますよ!

まとめ

夏場の湿度を下げるにはエアコン
の除湿機能を使うのがおすすめ。

ただし温度は27~28℃に
設定しておくようにしましょう。

また、湿気よりも気温が
高いことが気になる場合は冷房
を使った方が快適になりますね。

高温か多湿かによって
冷房か除湿かを使い分けるのが
もっとも経済的だし、部屋の中
が快適になるのでおすすめですよ。