オープンカーは危険なのか?「雷でも車の中は安全」の真偽とは

トリビア

夏になると大気が不安定になり、
突然の大雨や雷などが起こることがあります。

雷が鳴っている時、よく聞くのが

「雷でも車の中は安全」

という言葉です。

こちらの真偽ですが、これは本当です。
車は金属の塊ですが、車の内部には伝わらず、
そのままボディを伝わり地面に電気が流れていきます。

では、屋根がないオープンカーだと
雷の時は安全なのでしょうか?

ここでは、オープンカーに乗っている時の
雷の対応についてしっかりと解説をしていきたいと思います。

オープンカー乗車中に雷が!安全のためにコレだけはやるべき

オープンカー乗車中に雷が鳴った場合、
安全のためにやるべきことはいったい、何なのでしょうか?

それは屋根を張ることです。

まぁ雷が鳴っている場合、
雨も降っていることが多いので既に屋根は張っていること多いですが…

オープンカーで屋根を張らずに、
雷が落ちた場合乗車中の人に雷が直撃する恐れがあります。

そうなると、まず無事では済まされません。

オープンカーで屋根を張る場合、
金属製の屋根が出るメタリックタイプの場合は普通の車と同じですので安全です。

しかし、

幌(ほろ)タイプのオープンカーの場合は、
幌を突き抜けて乗車中の人に雷が直撃する恐れがあるのでその場合は避難するのが賢明でしょう。

雷の場合、窓は閉めるべき?知っているだけで安全性は段違いに!

雷の場合、窓は閉めるべきなのでしょうか?
結論から言えば、窓は閉めるべきです。

まぁこちらも、雨を防ぐために、ほとんどの場合は
雷が鳴っている場合、車の窓は閉めていると思いますが…
窓が開いている場合、車に雷が落ちた場合車内に雷の電気が流れ込むこと可能性があります。

これは、オープンカーの場合と同じですね。
その場合は、車内部の電子機器や乗車中の人にまで、危険が及びます。
ですので、雷が鳴っている場合は車の窓は閉めるようにしましょう。

ハイブリッド車が雷を受けたら?ガソリン車との危険性比較

では、走行に電気を利用する
ハイブリッド車の場合雷を受けたらどうなるのでしょうか?
ガソリン車と比較をしてみましょう。

結論から言えば、
ハイブリッド車、ガソリン車共に危険性に違いはありません。
ハイブリッド車の電気系統や内部には
落雷の影響を受けないような設計がされています。

ですので、ハイブリッド車、ガソリン車共に
雷が鳴っていたら、車内にいた方が安全です。

しかし、ハイブリッド車の場合、
雷が鳴っている時に充電を行わないように注意をしましょう。

充電時に近くで落雷が起きると、
その影響でハイブリッド車の充電器に影響が出る可能性があります。

まとめ

オープンカーやその他の車の落雷時の
危険性について理解することができたでしょうか?

やはり、オープンカーは落雷時の影響は普通車よりも大きいです。
しかし、屋根がメタリックタイプだと十分に危険性は回避できるものでもあります。

天候には勝てるものではありません。
ですので、天候とうまく付き合ってより良いカーライフを満喫してくださいね。