IT業界に転職するのに未経験でも大丈夫?資格があれば可能なの?

転職・キャリアアップ

「未経験がIT業界への転職するのに資格は
どの程度有効なのか?」

「経験不問、未経験歓迎の求人って
大丈夫なの?」

今回は未経験の転職希望者にとって
非常に気になる資格や、

注意しすべき求人のポイントについて
書いてみたいと思います。

IT業界への転職には資格いるの? 現職エンジニアのリアルな声!

はい、IT業界への転職に資格は
必須ではありません。

過去にその資格で試される業務経験があれば
資格だけ持っている人よりも有利です。

【資格と実務の相関図】


1,2のエンジニアが採用される確率は
かなり高いのは言うまでもありません。

本記事で対象としている未経験者の
候補者はできるだけ3の左上に近づけるよう
資格取得に励んでください。



資格は転職時にこそ効果を発揮します。

IT系の資格って他の資格と比較して
何を勉強すれば受かるのかが明確なので
転職したければ土日なども使って
計画的に取得していけば道は開けます。

エンジニア転職サイトにある未経験歓迎はめちゃ危険ってマジ?

かなり危険な場合が多いです。
エンジニア転職サイトにある求人
だから安全な求人とは限りません。

世の中には未経験歓迎と称して
若者を喰い物にする危険な会社もあるので
会社研究をしっかりと行ってください。

もし可能であれば
その会社に出入り口近くで

1日人間観察をするとその会社の雰囲気が
よく分かることが多いです。


暗い表情の社員が多ければその会社には
何らかの問題があるのかもしれません。

また、求人票の中には


未経験歓迎
経験不問

なんてキーワードが頻出する会社があります。
こういうキーワードが全て悪いわけでは
ありませんが、

あからさまに全面に
押し出してくる会社は要注意です。

私も今までエンジニア転職サイトにある
色々な会社を見てきましたが
こういったキーワードを全面に掲げる会社は、

「未経験歓迎=社員の離職率が高い」

という印象が強かったです。

IT求人はなぜ未経験や学歴不問が多いのか?本当の所を現職が告白

とは言っても大半の会社は頑張って
経営をしています。

IT求人に未経験・学歴不問が多い本当の理由は
昨今の人手不足によるところが大きいのでは
ないかと思います。

多くのサービスがクラウドに移行している
昨今ソフトウェアエンジニアや
インフラエンジニアの求人市場は
活況を呈しています。

キツイと言われるIT業界ですが
未経験や学歴不問のIT求人が耐えないのは、

他の職種と比べてとても恵まれている
のではないかと思います。

まとめ

私は37歳でIT業界に未経験で転職できました。
都内にある社員80名ほどの零細IT企業でした。

私を採用してくれたその会社は、
入社後2ヶ月目に給料支払が

遅延し始め3ヶ月目には給与が半額だけ
支払われるという状態になりました。

そしてついに入社10ヶ月後には
倒産してしまいました。

私などはエンジニアとして入社したのに
最後は営業アシスタントとして客先に
派遣される状態にまでなっていました。

当時は給料に遅延や減額が生じており、
毎月10万程度の給料でも他に行く場所
がなかったので悲壮感ほとばしる顔で
仕事をしていたんだと思います。

さらにあろうことか、

派遣先の大企業で、部長に昇進した
高校時代の同級生にばったり合ってしまい
彼の元で派遣社員として働くことになったことが
ありました。

その時に味わったこれ以上無い程の気まず
思いは今でも鮮明に覚えています。。

今でこそ外資ベンダーの日本法人
の代表として働いていますが、
当時は死にたくなるほど辛い状況だった
のかもしれません。

今となっては良い経験をしたなで
済んで良かったですが、悔し差半分
苦しさ半分で、流されないことだけを
目標に毎日を生きていたと思います。

そして私にはこういった経験があるからこそ
皆さんには自分が入ろうとしている会社の
ことをしっかり調査してから入社して欲しいと
心から願っています。

採用してくれるならどこでも行くという
スタンスはできるだけ避けてほしいと
思っています。

この記事を読んでくださっている読者の中で
これからIT業界で働いてみたいと考えている
方がいましたら、

悩みや疑問なんでも構いませんので
感じている事についてコメントをください。
可能な限り回答させて頂きたいと思っています。

今回も最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございました。