スターバックス リザーブ ロースタリー東京が中目黒に?!普通のスタバとの違いは?

ニュース

先日、日本初上陸・世界で5番目の
スターバックス リザーブ ロースタリーが

東京の中目黒に2019年2月28日(木)
オープンすることが発表されました。

でも聞き慣れない店名だけに、

「そもそもリザーブ ロースタリーって何?」
「普通のスタバと何が違うの?」
「世界の店舗との違いは?」

といった疑問を持たれている方も
多いと思います。

今回はスターバックス リザーブ ロースタリー
にまつわる様々な疑問を徹底調査してみたいと
思います!

スターバックス リザーブ ロースタリーとは?普通のスタバとの違いについて

スターバックス リザーブ ロースタリーとは
焙煎工場を併設したスターバックスの
高級コンセプト店舗のことです。

世界中にまだ4店舗しかありません。

もともとスターバックスには、
契約農家から仕入れた稀小な豆を
販売する

“スターバックス・リザーブ”

というシステムがありますが、

リザーブ用のコーヒー豆は
リザーブ ロースタリーの各店舗によって
焙煎され世界中のスタバに運ばれるという
仕組みになっています。

今回ロースタリーが中目黒に出来たことにより
日本国内のリザーブ豆の焙煎は国内で
行えるようになるため

各リザーブ店舗へリザーブコーヒーを
安定的に供給できるようになるメリットが
生まれるのです。

このシステムで飲むコーヒーは
お値段も通常のスタバよりも
倍以上になりますが、

美味しさも別格で、
時間をかけて丁寧に淹れた
コーヒーが好きな方に人気があります。

まだ試したことがない方は
是非一度飲んでみることをオススメします。

スターバックスリザーブロースタリー東京(中目黒)の特徴

2019年現在、世界4拠点、
シアトル・上海・ミラノ・ニューヨークに店舗が
ありますが、

5番目の店舗として
2月28日に東京・中目黒に
スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
がオープンします。

気になる
スターバックス リザーブ ロースタリー東京の
情報はこちらです。

住所
〒153-0042
東京都目黒区青葉台二丁目19番23号
(中目黒川沿いのドンキホーテ隣)

最寄り駅
東京メトロ日比谷線、東急東横線
中目黒駅」から徒歩10分

東急田園都市線「池尻大橋駅
から徒歩11分

東京大学隈研究室を立ち上げた
隈研吾氏により建物の設計・建築が行われて
います。とてもモダンな店舗のようです。

スターバックスリザーブロースタリーの世界の他店舗はどうなっている?

他4つの店舗はどんな感じなのかも
気になります。

アメリカ・シアトル(2014年)

中国・上海(2017年)

イタリア・ミラノ(2017年)

アメリカ・ニューヨーク(2018年)

どの店舗もいちいち、お洒落すぎて
ため息が出てしまいますよね。

特にイタリア・ミラノへの力の入れようは
相当な物を感じるのは私だけではないかと。

まとめ

最近コーヒーを飲まないと
仕事のやる気スイッチが入らなく
なってしまっている筆者は

スターバックスだけでなく、
いろいろなコーヒーショップを
利用しています。

年間コーヒーにいくら使ったか計算すると
結構恐ろしいことになっているのかも
しれません。。

まあ普段はマ○クの100円コーヒー
でしのいでいる筆者なので
金額もたかが知れていますが、、

特別なご褒美としてスタバを
利用することだってあります(笑)

利用する度に、
やっぱりスタバは特別感を演出するのが
とてもうまいなと感じています。

Macをもって
ドヤ顔してみたい
という衝動に、
人を駆り立てる何かがあそこにはあります。
ただのコーヒー屋なのに。。

まだ、オープン前なので情報が
少ないですが。

きっとこの
スターバックス リザーブ ロースタリー東京も
スタバ最強のオシャレ感で攻めてくることだけは
間違いないでしょう。