知らなかった!実は糸こんにゃくと白滝は製造方法が違う!

料理

白滝と糸こんにゃくって
どんな違いがあるんでしょうか?

どちらも食感や素材が
似ているみたいだから
すごく違いが分かりにくいですよね。

そこで今回は
意外と知られていない
糸こんにゃくと白滝の違いや
カロリーの差についてご紹介します。

徹底比較!糸こんにゃくとしらたきのカロリーの違いとは?

糸こんにゃくと
白滝って実はカロリーは
ほぼ同じでどちらもおよそ5~6kcal
とかなり低カロリーなのでヘルシー!

確かにこのカロリーでしたら
ダイエット向きの食材と言えますよね!

しかも、どちらも
こんにゃく芋を原料としています。

カロリーも原料も同じとなると余計に
二つの違いが分からなくなりますよね…。

でもこの二つにも実は
決定的な違いがあるんです。

それが糸こんにゃくと
白滝の太さと製造方法

まず、糸こんにゃくから見ていきましょう!

【 糸こんにゃく 】

  • 太さ:4~8㎜
  • 製造方法こんにゃく芋をペースト状に
    したものを固めて、ところてん
    みたいに型に入れて押し出すか
    板状のこんにゃくを細長く切る。
  • 特徴噛みごたえのある触感が楽しめる。

【 白滝 】

  • 太さが2~3㎜
  • 製造方法まだ固まっていない
    ペースト状のものを型から押し出し
    細長い形状にしてから湯がいて固める。
  • 特徴糸こんにゃくより
    細いので味が染み込みやすい。

こうしてみると
微妙に違いがあったんですね。

正解は?しらたきと糸こんにゃくはどっちをすき焼きに入れる?

すき焼きに白滝と糸こんにゃくの
どちらを入れるか迷ってしまいますね。

でも、どちらでも好きな方を入れてOK

これを入れないといけない!
という決まりはないので、白滝でも
糸こんにゃくでも好きな方を入れましょう。

味を染み込ませたい
のでしたら、糸こんにゃく
よりも細い白滝の方がおすすめ

噛み応えのある食感を
楽しみたいのでしたら糸こんにゃく
の方がすき焼きにはおすすめです!

ダイエット中の人でしたら
出来れば歯ごたえが楽しめる糸こん
にゃくをすき焼きに入れると良いですね。

噛む回数が増えるので満足感が
出て食べ過ぎを防いでくれますよ!

ちなみに我が家でもすき焼き
には糸こんにゃくを入れています。

しらたきと糸こんにゃく、肉じゃがに入れるのはどっち?

肉じゃがに入れる場合も
味を染み込ませたいのでしたら
細い白滝を入れるといいですよ。

歯ごたえがほしいなら
糸こんにゃくを肉じゃがに入れるべし!

でも、肉じゃがの
ような煮物に入れる場合は
やっぱり白滝の方が味が
染み込むのでおすすめなんですよね。

ダイエット中の人でもしらたきや
糸こんにゃくを多めに入れれば
肉とじゃがいもが少ない肉じゃがでも
かなりボリューミーな仕上がりになります。

お腹もいっぱいになるので
安心して食べられますね。

まとめ

糸こんにゃくと
白滝の違いは太さと製造方法です。

でも、どちらも
5~6kcalとかなりヘルシーだし
すき焼きや肉じゃが、どちらも
好きな方を入れてOKなんです!

ただし、味を染み
込ませたいなら白滝を。

歯ごたえがある食感が欲しいなら
糸こんにゃくを入れるようにしましょう。