大根は下茹ででもっとおいしくなる!下茹でに必要な時間とコツ!

料理

おでんなどの中まで味の染みた
大根、とっても美味しいですよね。

大根は下茹でをすると
味がちゃんと染みますが
なかなか時間がかかります。

面倒に感じて下茹で
せずに、煮こんでみたら表面だけ
色がついて、中には味が染みずに
失敗してしまった事がありました。

下茹でに必要な時間、米のとぎ汁…、

もう少し簡単に
できる方法はないでしょうか?
詳しく調べてみたいと思います。

大根の下茹での時短ワザ!電子レンジを使って味を染み込ませるには?

 まず、大根の下茹での
基本を簡単に説明します。

  • 大根を適当な厚さに
    切り、皮を剥きます。
  • 必要に応じて面取り
    や隠し包丁を入れます。
  • 鍋に大根とたっぷりの
    米のとぎ汁を入れます。
  • 火にかけて沸騰したら
    弱火にして約20分煮ます。

https://twitter.com/LePandaIvre/status/1036153519277977601?s=20

基本の行程だと30分
くらいかかってしまいますが
電子レンジを使うことで時短できる
ので、ぜひ、試してみてください。

<電子レンジの下茹で方法>

  • 大根をお好みの厚さに切り
    片面に十字に隠し包丁を入れます。
  • 耐熱容器に大根が重ならない
    ように並べて、大根の半分くらい
    まで水(米のとぎ汁)を入れます。
  • ふんわりとラップをかけます。
  • 500~600Wで
    10分レンジをかけます。
  • 大根に透明感が出て
    竹串などがスッと入ればOK。

https://twitter.com/SakePremoa/status/1102335321381855232?s=20

厚さや量でレンジをかける時間が
変わるので加減してみましょう。

お米のとぎ汁がない時…大根の下茹で、水だけでもOK?味は変わる?

タイミングによって
とぎ汁が無い時があります。

水だけで下茹でしても
基本的には問題はありません

ただ、えぐみなど心配な時は
下茹でするときに生米を一緒に
入れる事で、とぎ汁の代わりになります。

入れる生米の量は
鍋の時は大さじ1~2杯程

電子レンジの場合は
生米をひとつまみ、大根に
パラッとふりかけましょう。

驚き…大根の下ゆでに片栗粉が使える?意外なとぎ汁の代用品!

実は、米のとぎ汁の代用品
として「片栗粉」が使えるんです。

https://twitter.com/MIKYSB17/status/1131881796054818816?s=20

では、片栗粉が使える理由と
そもそもなぜ下茹でに米のとぎ汁を
入れるのか?を説明していきましょう。

大根の下茹でに米のとぎ汁
を使う効果は2つあります。

  • アクを取る

米のとぎ汁の中のでんぷんが
大根のアクを取り込んでくれます。

出たアクが大根に再び
戻ってしまうのも防ぎます。

  • 大根の甘味を出す

米のとぎ汁に含まれる
デンプンと大根に含まれる
ジアスターゼという成分が混ざると
大根の苦味が抜け甘くなる効果があります。

片栗粉と米のとぎ汁はでんぷん繋がり

片栗粉はデンプンで
できているため米のとぎ汁と同じで
アクを吸い取る効果と大根のジアスターゼ
と結びついて大根甘くする効果があります。

下茹でに使う片栗粉の量は
鍋に小さじ一杯程度で大丈夫です。

まとめ 

私、ご飯を炊くタイミング
じゃないけどわざわざ米を
といでとぎ汁を作り出していました。

生米や片栗粉で
代用になるのを早く知りたかった!

下茹でをきちんとしていれば
長々と火にかけておくことなく
大根に味がちゃんと染みていきます

ちなみに、火にかけている時じゃなく
火を止めてから大根には味が染みていく
ので、火から下ろしてすぐに食卓に出さ
ないで、染み込む時間を設けましょう。